カワノ フミノリ   Fuminori.KAWANO
河野 史倫

  • 所属   松本大学大学院  健康科学研究科 健康科学専攻
  •    松本大学  人間健康学部 スポーツ健康学科
  • 職種   准教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2006
形態種別 研究論文(学術雑誌)
査読 査読あり
標題 Irreversible morphological changes in leg bone following chronic gravitational unloading of growing rats.
執筆形態 共著
掲載誌名 Life Sci
掲載区分国外
巻・号・頁 79,pp.686-694
著者・共著者 Ohira Y, Kawano F, Wang XD, Sudoh M, Iwashita Y, Majima HJ, Nonaka I
概要 生後3ヵ月間の後肢懸垂または2-G負荷による後肢骨発育への影響をラットを用いて検討した。後肢懸垂を行ったラットでは、足関節の深刻な可動域制限が誘発された。このようなラットでは、脛骨が外湾ならびに遠位部外転する変形が認められた。骨伸長には後肢懸垂の影響はなかった。また2-G負荷は後肢骨発育には影響しなかった。後肢懸垂によって引き起こされた骨変形は、その後3ヵ月間の再負荷によっても回復しなかった。以上の結果から、骨変形は不可逆的であることが明らかになった。骨伸長の方向には骨格筋活動による張力が重要な役割を果たすことも示唆された。

研究者情報へ戻る