カワノ フミノリ   Fuminori.KAWANO
河野 史倫

  • 所属   松本大学大学院  健康科学研究科 健康科学専攻
  •    松本大学  人間健康学部 スポーツ健康学科
  • 職種   准教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2004
形態種別 研究論文(学術雑誌)
査読 査読あり
標題 Effects of running exercise during recovery from hindlimb unloading on soleus muscle fibers and their spinal motoneurons in rats.
執筆形態 共著
掲載誌名 Neurosci Res
掲載区分国外
巻・号・頁 48,pp.119-127
著者・共著者 Ishihara A, Kawano F, Ishioka N, Oishi H, Higashibata A, Shimazu T, Ohira Y
概要 不活動後の再負荷時における自発走運動の相乗効果についてラットを用いて検討した。2週間の後肢懸垂後、自発走運動群と非運動群に分け2週間再負荷した。その結果、自発走運動群において有意なtype I筋線維の増加、筋線維サイズの再肥大が認められた。以上の結果から、筋線維サイズの変化は負荷量に起因していると考えられた。

研究者情報へ戻る