カワノ フミノリ   Fuminori.KAWANO
河野 史倫

  • 所属   松本大学大学院  健康科学研究科 健康科学専攻
  •    松本大学  人間健康学部 スポーツ健康学科
  • 職種   准教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2003
形態種別 研究論文(学術雑誌)
査読 査読あり
標題 Effects aging and exercise on density and cross-sectional area of femur in senescence-accerelated mouse prone 6.
執筆形態 共著
掲載誌名 J Musculoskel Neuron Int
掲載区分国外
巻・号・頁 3,pp.162-169
著者・共著者 Ishihara A, Roy RR, Ohira Y, Kawano F, Nonaka I, Yamamoto K, Edgerton VR
概要 老化促進マウス(SAMP6)を用いて加齢に伴う骨格筋への影響を調べた。SAMP6の後肢筋は、60週齢時において正常マウスに比べ筋重量が低下した。大腿骨重量もSAMP6では有意に軽く、後肢筋重量と大腿骨重量には有意な正の相関が認められた。さらに、40週齢時から60週齢時まで自発走運動を課した場合、SAMP6においても上記のような筋重量低下は起こらなかった。以上の結果から、SANP6が骨格筋老化研究において有効なモデルであるとともに、運動が加齢変化を改善する可能性が示唆された。

研究者情報へ戻る