カワノ フミノリ   Fuminori.KAWANO
河野 史倫

  • 所属   松本大学大学院  健康科学研究科 健康科学専攻
  •    松本大学  人間健康学部 スポーツ健康学科
  • 職種   准教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2007
形態種別 研究論文(学術雑誌)
査読 査読あり
標題 Effects of mechanical and/or neural stimulation on the properties of soleus muscle fibers in mdx mice.
執筆形態 共著
掲載誌名 Jpn J Aerospace Environ Med
掲載区分国外
巻・号・頁 44,pp.19-29
著者・共著者 Lan YB, Terada M, Higo Y, Kawano F, Matsuoka Y, Wang XD, Nakai N, Ohira Y
概要 デュシャンヌ型筋ジストロフィーのモデルであるmdxマウス用いて、負荷軽減がヒラメ筋線維形態に及ぼす影響を調べた。アキレス腱切断、坐骨神経切除、または両方の処置を行い、ヒラメ筋への負荷を除去した。その結果、正常マウス、mdxマウスいずれにおいても同様の筋線維萎縮が誘発された。mdxマウス骨格筋の特徴である中心核を有する筋線維の割合も、各処置によって変化はなかった。以上の結果から、mdxマウスヒラメ筋線維の壊死・再生サイクルは、筋不活動によって緩和されないことが明らかになった。

研究者情報へ戻る