カワノ フミノリ   Fuminori.KAWANO
河野 史倫

  • 所属   松本大学大学院  健康科学研究科 健康科学専攻
  •    松本大学  人間健康学部 スポーツ健康学科
  • 職種   准教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2010
形態種別 研究論文(学術雑誌)
査読 査読あり
標題 Mechanical stretch activates signaling events for protein translation initiation and elongation in C2C12 myoblasts.
執筆形態 共著
掲載誌名 Mol Cells
掲載区分国外
巻・号・頁 30,pp.513-518
著者・共著者 Nakai N, Kawano F, Oke Y, Nomura S, Ohira T, Fujita R, Ohira Y
概要 伸展刺激によるメカニカルストレスがマウス筋芽細胞のタンパク質合成をどのように高めるのか検討した。繰り返しの伸展刺激を30分間行った場合、タンパク質合成マーカーであるp70S6KやeEF2の有意な活性化が認められた。p38、ERK1/2、JNKのようなMAPキナーゼの活性化も誘発された。このような伸展刺激によるタンパク質合成増加は、MAPキナーゼ阻害剤では抑制されなかった。したがって、伸展刺激によるメカニカルストレスは、MAPキナーゼを介さずにタンパク質合成シグナルに関与することが示唆された。

研究者情報へ戻る