カワノ フミノリ   Fuminori.KAWANO
河野 史倫

  • 所属   松本大学大学院  健康科学研究科 健康科学専攻
  •    松本大学  人間健康学部 スポーツ健康学科
  • 職種   准教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2011
形態種別 研究論文(学術雑誌)
査読 査読あり
標題 Modulation of hippocampal proteins by exposure to simulated microgravity environment during the postnatal development in rats.
執筆形態 共著
掲載誌名 Jpn J Aerospace Environ Med
掲載区分国外
巻・号・頁 48,pp.23-34
著者・共著者 Oke Y, Kawano F, Nomura S, Ohira T, Fujita R, Terada M, Shibaguchi T, Nakai N, Ohira Y
概要 後肢懸垂により後肢筋を不活動にした場合、海馬のタンパク質発現にどのような変化が起こるのかラットを用いて検討した。14日間の後肢懸垂後、海馬から抽出したタンパク質を用いてプロテオミクス解析を行った。その結果、PDIA3、TPI1、SIRT2などのタンパク質に顕著な修飾変化が見られた。このようなタンパク質修飾変化が、不活動に伴うニューロン生存や神経ネットワーク再構築の影響していると考えられる。

研究者情報へ戻る