カワノ フミノリ   Fuminori.KAWANO
河野 史倫

  • 所属   松本大学大学院  健康科学研究科 健康科学専攻
  •    松本大学  人間健康学部 スポーツ健康学科
  • 職種   准教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2015/05
形態種別 研究論文(学術雑誌)
査読 査読あり
標題 Phosphorylation of Hsp25 at serine 15 is promoted in immature fibers following in situ muscle contraction.
執筆形態 共著
掲載誌名 J Phys Fitness Sports Med
掲載区分国外
巻・号・頁 4,pp.231-239
著者・共著者 Kawano F, Shibaguchi T, Nakai N, Nakata K, Ohira Y
概要 筋損傷後の再生中に出現するリン酸化HSP25を強発現する筋細胞の特徴を調べた。このような筋細胞は小型筋線維であり、筋線維成熟のマーカーであるジストロフィンの細胞膜局在を示さない細胞が多かった。また、損傷から2週間後の骨格筋に対して電気刺激による強制的な収縮負荷を与えた結果、特に小型筋線維でリン酸化HSP25を強発現する細胞が増加した。HSP25のリン酸化はストレス応答によって誘導されることから、再生筋中の小型筋線維は筋収縮による負荷を受けやすいことが示唆された。
DOI 10.1152/japplphysiol.00783.2011

研究者情報へ戻る