カワノ フミノリ   Fuminori.KAWANO
河野 史倫

  • 所属   松本大学大学院  健康科学研究科 健康科学専攻
  •    松本大学  人間健康学部 スポーツ健康学科
  • 職種   准教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2002
形態種別 研究論文(学術雑誌)
査読 査読あり
標題 Effects of chronic hindlimb suspension on landing performance in response to head-down drop in rats.
執筆形態 共著
掲載誌名 Jpn J Aerospace Environ Med
掲載区分国外
巻・号・頁 39,pp.21-29
著者・共著者 Kawano F, Nomura T, Ishihara A, Nonaka I, Ohira Y
概要 9週間の後肢懸垂がラットの着地パフォーマンスに及ぼす影響を検討した。ヘッドダウン状態で30cmの高さから落下させた場合、正常ラットは直ちに背を丸め後肢から柔軟に着地した。しかし、後肢懸垂後のラットは落下中顕著に背を逸らせ、腹部を打ち付けて着地した。このような現象は後肢懸垂後2日以内に改善した。後肢の動作においては、落下中股関節の顕著な外転が認められた。この現象は、8週間後においても改善しなかった。以上の結果から、筋不活動による動作失調には回復可能なものと不可能なものがあることが示唆された。

研究者情報へ戻る