(最終更新日:2021-09-15 10:25:19)
  ナカヤマ マコト
  中山 誠
   所属   心理学部 心理学科
   職種   教授
■ 著書・論文歴
1. 著書  犯罪心理学研究法   (共著) 2012/08
2. 著書  生理指標を用いた虚偽検出の検討   (単著) 2003/08
3. 著書  犯罪に挑む心理学 現場が語る最前線  39-45頁 (共著) 2002/11
4. 著書  The handbook of polygraph testing.  49-86頁 (共著) 2001/11
5. 著書  ウソ発見―記憶のかけらを探して-  81-90,109-122,134-142,161-175頁 (共著) 2000/05
全件表示(39件)
■ 学会発表
1. 2019/09 テロ事件の実施計画に対するCIT -日付と場所の事前検出-(日本犯罪心理学会)
2. 2019/09 ビデオクリップに対する強い快情動と生理的活動の関連性(日本心理学会)
3. 2018/12 テロ対策のためのSearching CIT(犯罪心理学会)
4. 2018/09 SCITによる意図的テロ行為の検出(日本心理学会)
5. 2018/05 共謀罪の成立に伴う、CITを用いた計画群の検出(生理心理学会)
全件表示(120件)
■ 学歴
1. 1976/04~1980/03 関西学院大学 文学部 卒業
2. 1980/04~1982/03 関西学院大学大学院 文学研究科 心理学専攻博士課程前期 修士課程修了 心理学修士
3. 関西学院大学 文学研究科 心理学 博士課程 博士(心理学)(実験心理学)
■ 職歴
1. 1982/04~1985/02 静岡県警察本部技術吏員拝命 科学捜査研究所配属 技師(係)
2. 1985/03~1991/03 静岡県警察本部 科学捜査研究所 研究員(主任)
3. 1991/04~2000/03 静岡県警察本部 科学捜査研究所 主任研究員(係長)
4. 1996/09~1996/12 警察庁 技官
5. 2000/04~2009/03 静岡県警察本部 科学捜査研究所 心理科長(所長補佐)
■ 授業科目
1. グローバルスタディ
2. 応用犯罪心理学
3. 司法犯罪心理学
4. 初年次セミナー
5. 心理学概論
全件表示(17件)
■ 所属学会
1. 1980/04~ 関西心理学会
2. 1982/04~ 日本心理学会
3. 1986/04 米国精神生理学会
4. 1986/04~ 日本生理心理学会
5. 1995/04~ 日本犯罪心理学会
全件表示(8件)
■ 現在の専門分野
人文社会系, 社会科学, 心理学, 社会心理学, 実験心理学 (キーワード:犯罪心理学、精神生理学、認知心理学) 
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/04~2023/03  パーソナリティ要因を踏まえ計画中のテロ行為を炙り出す最新のポリグラフ鑑定法の開発 基盤研究C (キーワード:探索質問法 SCR テロ対策 パーソナリティ検査)
2. 2016/04~2018/03  虚偽検出の基準となる質問表作成-最新の装置で調べる犯行時の記憶とは?― 挑戦的萌芽 (キーワード:虚偽検出 犯行時の記憶 CIT SCR GAT)
3. 2011/04~2013/03  最新コミュニーション技術の生理心理学 -これ以上、誤った判決をださないために- 挑戦的萌芽的研究 
4. 1999/04~2000/03  ウソ発見の指標に関する横断的研究 奨励研究 
■ 講師・講演
1. 2017/08 特殊詐欺の防犯
2. 2018/01 特殊詐欺の実態
3. 2020/02 児童虐待の防止
4. 2020/09 特殊詐欺の予防
5. 2020/10 特殊詐欺の手口
全件表示(7件)
■ 委員会・協会等
1. 2009/04/01~ セーフティマネージメント委員会 委員
2. 2019/04/01~2020/03/31 学修支援委員会 センター長
3. 2020/04/01~ グローバル教育委員会 委員
■ グローバルスタディ
1. 2016
グローバルスタディⅠ
ケネソー大学キャンパスポリスおよびアトランタ警察において窃盗事件とスクールシューティングの調査
2. 2017
グローバルスタディ1
シアトル市を中心に、少年法の厳罰化と被害者支援について調査
3. 2018
グローバルスタディ1
ワシントン州で取り調べの可視化、性犯罪者の処遇について調査
4. 2019
グローバルスタディ1
シアトル警察、少年裁判所などで薬物依存と児童虐待について調査