(最終更新日:2018-06-20 14:20:30)
  オザキ ケイタ
  尾崎 慶太
   所属   教育学部 教育福祉学科
   職種   講師
■ 著書・論文歴
1. 著書  井村圭壯・相澤譲治編著『地域福祉の原理と方法 第2版』学文社 担当執筆部分「第12章 地域福祉と福祉計画」   (共著) 2013/12
2. 著書  新しい福祉サービスの展開と人材育成
 第Ⅱ部、5章、2節「学生による実習課題の設定から自己評価にいたる教育過程の考察」   (共著) 2010/03
3. 論文  学習支援に参加する貧困世帯の子どもの自己効力感の変化―参加期間および支援体制に着目して― 評論・社会科学 (125),1-14頁 (共著) 2018/05
4. 論文  貧困世帯の子どもの健全育成に資する学習支援の一考察―学習支援員へのインタビュー調査を手がかりに―  (11),107-118頁 (単著) 2018/03
5. 論文  社会福祉実習前教育としてのサービスラーニングの検討 関西国際大学研究紀要 (17),23-39頁 (共著) 2016/03
全件表示(14件)
■ 学会発表
1. 2009/11/29 「ジェネリックスキルを高めるための大学教育プログラムの研究-海外サービスラーニングの事例から-」(日本福祉教育・ボランティア学習学会(第15回あいち・なごや大会))
2. 2010/11/28 海外サービスラーニング(カンボジア)のプログラム評価―コミュニティパートナーの評価からみる大学生と地域住民との協働の可能性―(日本福祉教育・ボランティア学習学会(第16回ぐんま大会))
3. 2010/11/28 大学初年次におけるサービスラーニング受講を契機とした態度特性変化―「学び」へのモチベーションビルディングに注目して―(日本福祉教育・ボランティア学習学会(第16回ぐんま大会))
4. 2011/12/04 大学初年次におけるサービスラーニング受講を契機とした態度特性変化その2―カリフォルニア大学バークレー校「自己評価シート」の適用可能性と学生のGPAとの関連をめぐって(日本福祉教育・ボランティア学習学会(第17回京都大会))
5. 2012/11/25 大学初年次におけるサービスラーニング受講を契機とした態度特性変化その3~サービスラーニングは学生の成績を上げるのか?~(日本福祉教育・ボランティア学習学会(第18回いばらき大会))
全件表示(6件)
■ 学歴
1. 2001/04~2005/03 熊本大学 教育学部 生涯スポーツ福祉課程 卒業
2. 2005/04~2007/03 同志社大学大学院 社会学研究科 社会福祉学専攻(前期課程) 修士課程修了 修士(社会福祉学)
■ 所属学会
1. 2005/07~ 日本社会福祉学会
2. 2009/05~ 福祉教育・ボランティア学習学会
3. 2009/06~ 大学教育学会
4. 2016/03 日本地域福祉学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~2017/03  高等教育でのサービスラーニングの長期的学習成果をプログラム改善に生かす実践的研究 若手研究(B) 
■ 講師・講演
1. 2013/11/16 子どもの権利保障と児童労働-カンボジアの学習支援プログラムを事例に-
■ グローバルスタディ
1. 2013
グローバルスタディⅡ(カンボジア)
カンボジアの小学校のこどもたちを対象に、算数の学習支援を展開するプログラムを担当する。