イタヤマ アキラ
  板山 昂
   所属   人間科学部 人間心理学科
   職種   講師
発表年月日 2008/10/05
発表テーマ 少年犯罪の原因帰属に関する研究-状況と被害者の属性による比較-
会議名 『日本犯罪心理学会第46回大会』犯罪心理学研究, 46巻(特別号), pp.122-123.
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 (国立オリンピック記念青少年総合センター)
概要 少年による殺人に対する大学生の原因帰属において、被害者と事件状況の違いでの相違を検討した。被害者と加害少年の関係性がある場合は、両者の関係性に原因帰属を行うが、通り魔殺人という両者の関係性がない場合は、加害少年の人格へ内的帰属を強く行う傾向があることを示した。
共著者:〇板山昂・高橋美奈・松田睦代・桐生正幸
担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。