イタヤマ アキラ
  板山 昂
   所属   人間科学部 人間心理学科
   職種   講師
発表年月日 2016/07/27
発表テーマ The influential factors on developing PTSD for senior survivors of post flood-disaster area in Japan.
会議名 31st International Congress of Psychology
学会区分 国際学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 Yokohama,Japan
概要 本研究では、2014年8月の大雨により他大な被害を受けた丹波市の高齢の生存者を対象に、PTSDの発症に影響する因子を探索することを目的とした。ロジスティック回帰分析の結果、日常生活に苦痛を持つことが3.85倍PTSDのリスクを増加させ、近所付き合いの欠如がそれぞれ3.57倍リスクを増大させることを明らかにした。
○Takagishi, Y., & Itayama,A., & Abe, K.
担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。