イタヤマ アキラ
  板山 昂
   所属   人間科学部 人間心理学科
   職種   講師
発表年月日 2014/09/11
発表テーマ 決定者と評価者の視点からみた一般市民の量刑判断
会議名 日本心理学会第 78 回大会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
開催地名 同志社大学
概要 裁判員裁判では、一般市民は、量刑の「決定者(裁判員)」としてだけでなく、裁判結果の報道により知りえた判決を評価する「評価
者」として量刑判断していることが考えられる。判決と評価者が求める量刑に不一致が生じる場合、裁判員裁判への信頼が損なわれる
可能性がある。そこで、一般市民の「決定者」および「評価者」の 2 視点から、量刑判断の傾向について検討する必要性が考えられる。これまでに行ってきた研究で得られた知見を紹介し、一般市民の量刑判断の傾向について論じた。具体的には、(1)決定者として評議を行う際、評議内容の違い(応報・平等)によって生じる量刑と公正感の差異、(2)裁判員裁判の評価者(TVなどで判決を知る一般市民)の判決に対する評価の傾向、の 2 点について紹介し、一般市民の量刑判断・量刑に対する公正さの判断の傾向を決定者・評価者という 2 つ観点から総合的に考察した。