マツダ ノブコ
  松田 宣子
   所属   保健医療学部 看護学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/10
形態種別 その他(学会発表)
標題 地域生活が困難な精神障害者への保健師支援の研究 アウトリーチで活かすべき専門性
執筆形態 その他
掲載誌名 第71回日本公衆衛生学会総会日本公衆衛生雑誌
巻・号・頁 58(10),533-533頁
概要 第1段階で、逐語録を保健師の意識性に注目してコード化しグラウンデッド・セオリー・アプローチに準じて分析した。第2段階で、得られている統合カテゴリーを「精神障害者アウトリーチ推進事業の手引き」を参照して検討した。次にそれぞれの下位のカテゴリーと各コードに戻り、アウトリーチ支援におけるそのコードに対応する専門職の配置を先の統合カテゴリーの現れる個所と比較した。さらに保健師の専門性に着目してコードの追加とカテゴリーの修正、くみかえを行った。結果:12保健所から各1名、保健師経験年数が15年以上の保健師の協力が得られた。19支援事例の分析から、地域で生活が困難な精神障害者に対して保健師は<生活の破たんのおそれをつかむ><適切な医療を継続し生活を成り立たせる><支援の受け入れにくさへ対応する>の3つの統合カテゴリーに示される支援を行っていることが得られている。新事業の体制で見ると困難事例に関しては受付段階、支援開始、支援継続においてこの3つの意識的支援が活用できる。