マツダ ノブコ
  松田 宣子
   所属   保健医療学部 看護学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1989/03
形態種別 学術論文
標題 小児看護学における保育所実習の学習効果に関する研究
執筆形態 共著
出版社・発行元 神戸市立看護短期大学紀要
巻・号・頁 (第8),95-106頁
担当範囲 調査の実施、分析、考察など全般に渡り関わった
著者・共著者 中野智津子、松田宣子、中島規子、井口靖子
概要 研究目的は、保育所実習における学習内容と実習の進め方の違いが学習に及ぼす影響を把握し、保育所実習の意義を明らかにするである。研究方法は、昭和62年度小児看護学実習をおこなった本学3回生91名に対して質問紙調査をおこなった。質問項目は、①園児とのコミュニケーション、②健康な子どもを通して学んだこと、③保母の保育を見学して学んだこと、④健康な子どもと病児との違い、等である。統計的に分析した。結果は、子どもの特徴がわかったと回答した学生は、9割を占め、保母の子どもとの関わりから学生は子どもとの関わり方を学んでいた。また健康な子どもの理解を通して病児の理解が深まっていた。進め方による違いはみられなかった。
担当部分:調査の実施、分析、考察など全般に渡り関わった。