マツダ ノブコ
  松田 宣子
   所属   保健医療学部 看護学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2010/03
形態種別 学術論文
標題 Study of the effective family support program for the families of clients with psychiatric disorders using home visiting nurse service
執筆形態 共著
出版社・発行元 Bulletin of Health Sciences Kobe Vol.26,2010
巻・号・頁 23-40頁
担当範囲 研究全体の指導を行った
著者・共著者 豊島泰子、松田宣子
概要 本研究の目的は,精神疾患を有し訪問看護を利用している要介護者の家族に対し,訪問看護師が円環的プロセスの家族セルフケアに基づいて筆者が試案した家族支援モデル(以下Fモデルとする)の有効性を検証することである。検証方法は,訪問看護師がFモデルを用いて介入し、利用者および家族のセルフケアの変化、Fモデルのアセスメントの有用性などを構成的調査票を用いての量的評価および半構成的面接による質的評価で行った。以上の結果からFモデルの介入の有効性は、質的データからは得られたが量的評価として一部分にのみの有効性であった。今回Fモデルを用いることにより、訪問看護師にとっては家族を観る視点が広がり、支援方法の充実につながりそうであるという意見が述べられた。
担当部分:研究全体の指導を行った。