マツダ ノブコ
  松田 宣子
   所属   保健医療学部 看護学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1986/03
形態種別 学術論文
標題 小児看護学実習Ⅰにおける集団プレイの教育効果に関する考察
執筆形態 共著
出版社・発行元 神戸市立看護短期大学紀要
巻・号・頁 (第5),99-107頁
担当範囲 調査の実施、分析、考察、論文作成と全般に関わった。
著者・共著者 中野智津子、松田宣子、山田道子、高塚裕子
概要 小児看護学実習Ⅰ(小児病棟実習)の中で学生が子どもの本来の姿を捉えることができ、個別的な援助が考えられるよう集団プレイを実施している。研究目的は、学生が集団プレイの計画・実施を通して子どもの本来の姿を捉えることができているかという教育効果を明らかにすることある。結果、集団プレイを計画・実施を通して、学生は子どもの特徴を捉え病児についての理解が深まっていた。また病児の看護における遊びの意義を認識できていた。
担当部分:調査の実施、分析、考察、論文作成と全般に関わった。