マツダ ノブコ
  松田 宣子
   所属   保健医療学部 看護学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1985/03
形態種別 学術論文
標題 術後に起こる性の問題に対する学生への対応へのー考察ー女性生殖器看護の臨床実習を通してー
執筆形態 単著
出版社・発行元 神戸市立看護短期大学紀要第4号
巻・号・頁 49-57頁
概要 研究目的は、子宮全摘出術を受けた患者を受け持ち、看護展開を行った学生がどのような「性の問題」に直面し、どう対処しているか、学生自身が性に対してどのような考えをもっているか、感じているかなど、「性の問題」に対して現状を明らかにすることである。。結果は多くの学生は、患者の子宮喪失への辛い気持ちや悲しい気持ちを感じとっていたが上手に対処ができていない。またその時期への思いやりや「性」が人間とって大切を捉えていた。今後さらに相談や指導のできる能力をつけていきたいと考えていた。また学生は「性」は人間にとって大切な問題とほとんどの学生が回答していた。