マツダ ノブコ
  松田 宣子
   所属   保健医療学部 看護学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1999/12
形態種別 学術論文
標題 慢性的な健康障害を持つ主なケア提供者の燃え尽きと関連要因
執筆形態 共著
出版社・発行元 神戸大学医学部保健学科紀要
巻・号・頁 第15,13-19頁
担当範囲 研究全般に関わった。
著者・共著者 小野智美、村田恵子、草場ヒフミ、松田宣子、大久保功子 他
概要 研究の目的は慢性的な健康障害を持ち、在宅で療養・生活をする子どもの主なケア提供者の燃え尽きの状態とその関連要因を病児の背景、家族の背景と病の捉え方から検討をすることである。研究の方法は、慢性的な健康障害を持ち外来通院する小児の子どもの家族119名に対して稲岡らの開発した燃え尽き尺度とHymovichの長期ケアモデルを概念枠組みとした尺度、病児の背景、家族の背景を組み込んだ質問票を用いて面接した。統計分析はHalwinを用いた。結果は慢性障害を持ち、外来通院している子どもの主なケア提供者の約35%がburnout及び警戒徴候に陥っていた。関連要因として、病状の一進一退や悪化、不確かさを示す病気経過、ほぼ毎日~2・3日の通院、家族全体に影響を与えるライフイベントのあること、等があげられた。
担当部分:研究全般に関わった。