(最終更新日:2020-03-24 10:07:49)
  グンジ タカオ   GUNJI Takao
  郡司 隆男
   所属   文学部 英語学科
   文学研究科 英語学専攻
   文学研究科 言語科学専攻
   職種   教授
■ 学内役職・委員
1. 2000/04/01~2006/03/31 神戸松蔭女子学院大学大学院 文学研究科長
2. 2007/04/01~2008/03/31 神戸松蔭女子学院大学 英語英米文学科代表
3. 2008/04/01~2016/03/31 神戸松蔭女子学院大学 学長
■ 著書・論文歴
1. 著書  翻訳:『言語のレシピ―――多様性にひそむ普遍性をもとめて』(マーク・ベイカー著)   (単著) 2010/12
2. 著書  日本語の数量詞の意味論 言語処理学会チュートリアル  (単著) 2007/03
3. 著書  翻訳: 『言語の基盤―――脳・意味・文法・進化』(レイ・ジャッケンドフ著)   (単著) 2006/07
4. 著書  『ことばの科学ハンドブック』  151-194頁 (共著) 2004/02
5. 著書  翻訳:『言語のレシピ―――多様性にひそむ普遍性をもとめて』(マーク・ベイカー著)   (単著) 2003/02
全件表示(96件)
■ 学会発表
1. 2009/11 英語と日本語の共通性と相違点(第5回ことばの科学会オープンフォーラム)
2. 2008/05 一般教養としての生成文法(日本英文学会第80回大会シンポジウム,今、生成文法の何をどう、そしてなぜ教えるのか)
3. 2003/11 招待講演:言語研究と科学的方法論-音と意味の関係-(上智大学外国語学部言語学副専攻主催年次講演会)
4. 2003/10 招待講演:人間の認知と日本語の文法性判断(日本語文學國際研討會)
5. 1994/06 招待講演:理論言語学の目ざすところ(日本認知科学会第11回大会)
全件表示(9件)
■ 社会における活動
1. 2004/06 神戸松蔭女子学院大学土曜講座講師「ディジタルメディア(媒体)の功罪」
2. 2000/08 神戸松蔭女子学院大学公開講座講師「ことばの誕生」
3. 1997/10 大阪大学開放講座講師「人間と情報」
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 1997/04~1999/03 実践的な英語教育
2. 1997/04~1999/03 大学院生の集団指導体制の整備
●作成した教科書、教材
1. 1999/09 『言語学の方法』(岩波書店,1999)
2. 2002/09 『単語と文の構造』(岩波書店,2002)
3. 2004/02 『ことばの科学ハンドブック』(研究社,2004)
●実務の経験を有する者についての特記事項
全件表示(7件)
■ 学歴・学位
1. オハイオ州立大学大学院 Department of Computer and Information Science 博士課程 博士課程修了 Ph.D.
■ 職歴
1. 2000/04~ 神戸松蔭女子学院大学大学院 文学研究科 英語学専攻 教授
2. 2002/04~ 神戸松蔭女子学院大学大学院 文学研究科 言語科学専攻 教授
3. 2008/04~2016/03 神戸松蔭女子学院大学 学長
4. 2011/04~ 神戸松蔭女子学院大学 文学部 英語学科 教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 所属学会
1. 言語処理学会
2. 1998/04~2000/03 ∟ 評議員
3. 2000/04~2004/03 ∟ 理事
4. 2006/04~2009/10 ∟ 編集委員
5. 日本言語学会
全件表示(16件)
■ 専門分野
言語学 (キーワード:理論言語学、計算言語学) 
■ 委員会・協会等
1. 2008/04/01~2012/03/31 キリスト教学校教育同盟 評議員
2. 2008/04/01~ キリスト教学校教育同盟関西地区協議会 常置委員
3. 2008/04/01~2016/03/31 日本私立大学協会関西支部 理事
4. 2011/04/01~2013/03/31 大学コンソーシアムひょうご神戸 監事
5. 2013/04/01~2016/03/31 大学コンソーシアムひょうご神戸 理事
■ 科研費研究者番号
10158892