(最終更新日:2020-07-13 09:17:47)
  キバ タダシ   KIBA Tadashi
  木場 律志
   所属   人間科学部 心理学科
   文学研究科 心理学専攻
   職種   講師
■ 著書・論文歴
1. 著書  ナラティヴ・セラピーのダイアログ : 他者と紡ぐ治療的会話、その<言語>を求めて   (共著) 2020/02
2. 著書  みんなのシステム論 : 対人援助のためのコラボレーション入門   (共著) 2019/08
3. 著書  逆転の家族面接   (共著) 2017/06
4. 論文  心理テストの結果をどのように活用するか : ブリーフセラピーの立場からの一考察 神戸松蔭こころのケア・センター臨床心理学研究 14,8-15頁 (単著) 2019/07
5. 論文  The relationship between salivary amylase and the physical and psychological changes elicited by continuation of autogenic training in patients with functional somatic syndrome BioPsychoSocial Medicine 11(17) (共著) 2017/06
全件表示(15件)
■ 学会発表
1. 2020/01/11 ワークショップ「実践ソリューション・フォーカスト・アプローチ : 「例外」を探してみよう」(神戸ブリーフサイコセラピー研究会)
2. 2019/11/15 ソリューション・フォーカスト・アプローチ(SFA)が効果的だった起立性調節障害(OD)の不登校の一症例(第2回日本心身医学関連学会合同集会)
3. 2019/11/15 注意欠如・多動症(ADHD)患者はWAIS-3にどのように回答するのか : 心療内科患者を対象として(第2回日本心身医学関連学会合同集会)
4. 2019/11/02 ワークショップ 「みんなのシステム論 : 「相互作用の世界」へ、ようこそ!」(神戸ブリーフサイコセラピー研究会)
5. 2019/08/24 「逃げてもバレなきゃ役に立つ」 : 「周りを気にしてしまう」大学院生とのナラティヴ・セラピー(日本ブリーフサイコセラピー学会第29回群馬大会)
全件表示(86件)
■ 社会における活動
1. 2020/04~ 日本ブリーフサイコセラピー学会 常任理事 (研修委員長)
2. 2019/04~ 神戸ブリーフサイコセラピー研究会 世話人代表
3. 2018/04~ 神戸松蔭システムズアプローチ研究会 世話人
4. 2017/04~2020/03 日本ブリーフサイコセラピー学会 常任理事 (広報委員長)
5. 2016/07~2017/03 第60回日本心身医学会近畿地方会 学会事務局長
全件表示(10件)
■ 学歴・学位
1. 2004/04~2008/03 関西大学 社会学部 社会学科産業心理学専攻 卒業
2. 2008/04~2010/03 神戸松蔭女子学院大学 文学研究科 心理学専攻臨床心理学コース 修士課程修了
3. 2010/04~2014/03 関西医科大学大学院 医学研究科 医科学専攻社会環境医療系全人的医療学 博士課程修了
■ 職歴
1. 2010/12~ 医療法人 まちだクリニック 非常勤心理士
2. 2011/08~2018/03 生活協同組合ヘルスコープおおさか コープおおさか病院 臨床心理士
3. 2013/02~2013/09 関西医科大学健康管理センター 臨床心理士
4. 2013/02~2013/09 関西医科大学学生相談室 臨床心理士
5. 2013/04~2017/03 神戸松蔭女子学院大学 人間科学部生活学科食物栄養専攻 非常勤講師
全件表示(14件)
■ 主要学科目
カウンセリング基礎演習、精神疾患とその治療(旧「心の医学」)
■ 所属学会
1. 2008/05~ 日本心理臨床学会
2. 2010/04~ 日本家族研究・家族療法学会
3. 2011/04 日本心身医学会
4. 2015/11~ ∟ 近畿地区代議員
5. 2011/04~ 日本ブリーフサイコセラピー学会
全件表示(8件)
■ 専門分野
臨床心理学, 心身医学 (キーワード:家族療法、ブリーフセラピー、ナラティヴ・セラピー、心身医療・心身医学) 
■ 受賞学術賞
1. 2014/06 一般財団 日本心身医学会 日本心身医学会 第28回石川記念賞 (機能性身体症候群(FSS)患者における、ストレス前唾液アミラーゼとアレキシサイミア傾向との関係)
2. 2017/12 関西医科大学心療内科学講座 第3回 関西医科大学心療内科学講座研究奨励賞 (The relationship between salivary amylase and the physical and psychological changes elicited by continuation of autogenic training in patients with functional somatic syndrome)
3. 2018/06 第59回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 第59回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 Travel Award (自律訓練法による身体症状の改善は、どのような患者で期待できるか : 機能性身体症候群患者の主観的評価から)
■ 講師・講演
1. 2020/07/12 夫婦関係の心理学(大阪)
2. 2020/02/16 はじめてのナラティヴ・セラピー : 明日からの臨床実践が変わる(東京)
3. 2019/11/28 心理学を勉強すると「コミュ力」が上がる、って本当?(尼崎)
4. 2019/09/18 心理学を体験しよう : 心理学を学ぶとコミュニケーションがうまくなる?(高槻)
5. 2019/07/14 夫婦関係の心理学(大阪)
全件表示(58件)
■ 資格・免許
1. 2008/03 高等学校教諭1種免許状 公民科
2. 2008/03 高等学校教諭1種免許状 地理歴史科
3. 2008/03 中学校教諭1種免許状 社会科
4. 2008/05 日本心理学会認定心理士
5. 2011/04 臨床心理士
全件表示(6件)