(最終更新日:2020-03-30 12:00:16)
  オオワダ セツコ   OWADA Setsuko
  大和田 攝子
   所属   人間科学部 心理学科
   文学研究科 心理学専攻
   職種   教授
■ 著書・論文歴
1. 著書  犯罪被害者遺族の心理と支援に関する研究   (単著) 2003/11
2. 著書  暮らしの中のカウンセリング入門―心の問題を理解するための最初歩―   (共著) 2016/07
3. 論文  遺族サポートグループにおける参加者の心理プロセスとその促進要因に関する質的研究 Palliative Care Research 8(2),254-263頁 (共著) 2013/09
4. 論文  緩和ケア病棟における遺族ケアプログラムの実践 心的トラウマ研究 (8),57-64頁 (共著) 2012/11
5. 論文  緩和ケア病棟で近親者を亡くした遺族の精神健康に関する縦断的研究―複雑性悲嘆、PTSD、抑うつにおける経年的変化とその関連要因― 心的トラウマ研究 Vol.7,1-13頁 (共著) 2011/11
■ 学会発表
1. 2019/06 遺族の不適応を予測するアセスメントツール開発に関する研究(1)―看護師による死別後支援の必要性の評価―【優秀演題】(第24回日本緩和医療学会学術大会)
2. 2019/06 遺族の不適応を予測するアセスメントツール開発に関する研究(2)―悲嘆予測チェックリストを用いた予測要因の検討―【優秀演題】(第24回日本緩和医療学会学術大会)
3. 2016/07 A pilot study of the development of pre-death bereavement risk assessment measures(31st International Congress of Psychology)
4. 2014/06 遺族の不適応を予測するアセスメントツール作成に関する予備的研究【優秀演題】(第19回日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集 p.363)
5. 2010/06 がんによる死別が遺族に与える心理的影響の評価―複雑性悲嘆の実態と遺族ケア利用率との関連―【優秀演題賞】(第15回日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集 p.156)
全件表示(39件)
■ 社会における活動
1. 2018/12~2019/07 「心理学研究」(日本心理学会機関誌)査読委員
2. 2013/05~2017/03 兵庫県こころのケアセンター倫理審査委員会委員
3. 2009/10~ 尼崎医療生協病院(緩和ケア科)主催 遺族サポートグループ「ハナミズキの会」代表(運営およびファシリテーターを担当)
4. 2002/04~ 兵庫県警察本部 委嘱犯罪被害者相談員
5. 2002/04~ ひょうご被害者支援センター面接相談員
全件表示(92件)
■ 学歴・学位
1. 1991/04~1995/03 大阪大学 人間科学部 人間科学科 卒業 学士(人間科学)
2. 1995/04~1997/03 大阪大学 人間科学研究科 行動学専攻 修士課程修了 修士(人間科学)
3. 1997/04~2001/03 大阪大学 人間科学研究科 行動学専攻 博士課程修了 博士(人間科学)
■ 職歴
1. 2001/04~2004/03 神戸松蔭女子学院大学 文学部 心理学科 講師
2. 2004/04~2006/03 神戸松蔭女子学院大学 人間科学部 心理学科 講師
3. 2006/04~2014/09 神戸松蔭女子学院大学 人間科学部 心理学科 助教授・准教授
4. 2014/10~ 神戸松蔭女子学院大学 人間科学部 心理学科 教授
■ 主要学科目
生と死の心理学,被害者支援の心理学,グリーフケア特論(大学院)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 所属学会
1. 1996~ 日本心理学会
2. 1996~ 日本心理臨床学会
3. 1997~ 日本臨床死生学会
4. 2002~ 日本トラウマティック・ストレス学会
5. 2009~ 日本緩和医療学会
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2003/04~2004/03  犯罪被害者遺族の心理と支援に関する研究 研究成果公開促進費 
2. 2009/04~2012/03  外傷的事態により近親者を喪った遺族の心理的影響の評価に関する研究 基盤研究(C) (キーワード:死別、悲嘆、トラウマ)
3. 2012/04~2015/03  緩和ケアにおける遺族ケアプログラムの開発とその有効性の検証 基盤研究(C) (キーワード:地域援助、遺族ケア)
4. 2012/04~2013/03  緩和ケアにおける遺族サポートグループの有効性とその役割 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2015/04~2020/03  緩和ケアにおける遺族の不適応を予測するアセスメントツールの開発と評価 基盤研究(C) 
■ 受賞学術賞
1. 2005/01 第6回菊田クリミノロジー奨励賞
2. 2010/06 第15回日本緩和医療学会学術大会 優秀演題賞
■ 講師・講演
1. 2020/02/21 犯罪被害者とどう接するか(なら犯罪被害者支援センター)
2. 2018/09/18 被害者遺族とグリーフケア(とやま被害者支援センター)
3. 2018/02/02 知っておきたいグリーフケア―悲嘆の理解と対応の基本―(神戸市)
4. 2017/02/22 死別による悲嘆の理解と遺族への対応(大阪府・大阪市)
5. 2012/10/21 流産・死産の悲しみを乗り越えるために~悲しみの先にあるもの(天使ママの会こうべ)
全件表示(74件)
■ 資格・免許
1. 1999/04/01 臨床心理士 第7223号 (財団法人日本臨床心理士資格認定協会)
2. 2019/02/05 公認心理師
■ 科研費研究者番号
10340936