タニガワ コウジ   TANIGAWA Koji
  谷川 弘治
   所属   教育学部 教育学科
   文学研究科 心理学専攻
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2006/11
形態種別 その他
標題 小児がん経験者のためのガイドライン-よりよい生活をめざして
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 財団法人がんの子供を守る会
総ページ数 14
担当範囲 谷川は、原案作成委員会委員として、「4.5社会的自立」「5.家族との関係」「6.周囲への関わり」の原案を作成した。
著者・共著者 原案作成委員会;委員長 細谷亮太,副委員長 石本浩市,委員 梶山祥子,谷川弘治,井上冨美子,後藤ゆかり,小俣智子,渡邉雅子,中鉢貴行,樋口明子,アドバイザー 掛江直子
概要 小児がんの治癒率の向上の一方で、治療が終了しても復学の問題、さまざまな晩期障害、就職、結婚など、社会に戻るにあたっての問題が多く、自立のための長期にわたる支援が必要になってきている。本ガイドラインは、小児がんの子どもたちの未来がより良いものになることを願い、主として小児がん経験者(long term survivor)を対象として作成された。原稿は原案作成委員会で執筆、検討の後、小児がん学会時に開催されたワークショップの議論を踏まえ、完成した。