カワナカ ノリコ   KAWANAKA Noriko
  川中 紀子
   所属   文学部 英語学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1994/10
形態種別 学術論文
査読 査読あり
標題 映画『ベルリン・天使の詩』における時空間の連続性の概念
執筆形態 単著
掲載誌名 大阪国際女子大学紀要
巻・号・頁 (第20号-2)
概要 ヴィム・ヴェンダース監督の映画『ベルリン・天使の詩』(1987西独・仏)は、カメラワーク・サウンドの両面で大変複雑な構成を持った映画である。語り手を「天使」に設定したこの映画は、天使が世界を体験する様式を表象しており、映像・音声とともに、通常とは極めて異なった時間・空間の体験を提示している。本稿ではこの映画の構成は反・二元論的なスタイルを持つと考え、「禅」を始めとする東洋的な概念との関連を考察した。特に、時空間の連続性に関する日本的な概念である「間」という観点から、この映画のディスコースが表象する世界観の特色を探った。