マスイ トモヒデ   MASUI Tomohide
  枡井 智英
   所属   文学部 日本語日本文化学科
   文学部 総合文芸学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/03
形態種別 専門誌等掲載の論文・評論等
査読 査読あり
標題 1950年代日本における俳優教育とセリフ術の結びつき
執筆形態 単著
掲載誌名 演劇学論叢
出版社・発行元 大阪大学大学院文学研究科演劇学研究室
巻・号・頁 (9),107-132頁
概要 戦後に舞台芸術学院(1948)や俳優座演劇研究所付属養成所(1949)
などの俳優養成所が開設され、本格的な俳優訓練が始まった。この時期の俳優の特徴の一つに「母音の短さ」をあげることができる。それは新旧作の『ビルマの竪琴』の比較からも明らかである。その特徴にどのように俳優教育がかかわったのか、各学校での実践や千田是也の『近代俳優術』を主な手がかりとして分析を行う。