(最終更新日:2022-04-15 11:28:18)
  ミヤタ ヒロノリ   Hironori Miyata
  宮田 浩紀
   所属   熊本保健科学大学  保健科学部 リハビリテーション学科生活機能療法学専攻
   職位  講師
基本情報
■ 専門分野
リハビリテーション科学, 高齢者看護学、地域看護学 (キーワード:地域在住高齢者、フレイル、i意味のある活動、複合プログラム、生体計測機器、) 
■ 最終学歴
西九州大学大学院健康福祉学研究科健康福祉学専攻 修了
■ 保有学位
1. 修士(健康福祉学)
■ 免許・資格
1. 作業療法士免許
研究業績
■ 研究テーマ
1. 地域在住高齢者に関連する研究
2. 生体計測機器に関連する研究
■ 著書・論文等
1. 2022 論文  Association between satisfaction with meaningful activities and social frailty in community-dwelling Japanese older adults Arch Gerontol Geriatr 100 (共著) 
2. 2022 論文  Characteristics of meaningful activities in community-dwelling Japanese older adults with pre-frailty and frailty  (99) (共著) 
3. 2021 論文  Meaningful activities and psychosomatic functions in Japanese older aduts after driving cessation International Jounal of Environmental Research and Public Health  (共著) 
4. 2021 論文  Association between apathy and satisfaction with meaningful activities in older adults with mild cognitive impairment: A population-based cross-sectional study   (共著) 
5. 2021 論文  Long-term changes in older adult’s independence levels for performing activities of daily living in care settings: A nine-year follow-up study   (共著) 
全件表示(28件)
■ 学会発表
1. 2021/10 Associations between depressive symptoms and satisfaction with meaningful activities and frailty in community-dwelling Japanese older adults(7th Asia Pacific Occupational Therapy Congress)
2. 2021/10 Causes of and changes due to ADL in older adults with long-term care needs(7th Asia Pacific Occupational Therapy Congress)
3. 2020/11 高齢化率40%を超える地域における社会的フレイルの有病率と重要な作業の特徴(第14回日本作業療法研究学会)
4. 2020/11 アルツハイマー病患者の行動心理症状と日常生活活動との関連についての研究(第14回日本作業療法研究学会)
5. 2020/11 地域在住高齢者が重要とする活動の満足度と抑うつ症状の関連(第14回日本作業療法研究学会)
全件表示(30件)
■ 受託研究・競争的資金
1. 2021~2023  地域在住高齢者の社会的フレイルに対する複合プログラムの効果検証 基盤研究(C) 一般 
2. 2017  ICTを活用した動画教材の開発と事前学習の授業展開 その他の補助金・助成金 
社会活動・地域貢献
■ 所属学会
1. 日本作業療法士協会
2. 日本作業療法研究学会
3. 熊本県作業療法士会
4. コンピュータ利用教育学会
■ その他
1. 2020 九州作業療法学会2021 in 熊本 編集部
2. 2019/04~ たるみず元気プロジェクト(評価補助)
3. 2019~2020 厚生労働省委託事業 介護ロボットのニーズ・シーズ連携協働協議会
4. 2017/11~2020/02 守恒地区健康教室
5. 2016~2016 北九州市立年長者研修大学校周望学舎シニアカレッジ 講師
メッセージ
■ 研究紹介
地域在住高齢者に関連する研究を行っています。高齢者において日常生活における知的活動の促進や社会参加によって生活機能の維持・改善効果が期待されています。
住み慣れた地域で安心して暮らせるよう一緒に汗を流しましょう。