(最終更新日:2020-09-24 11:59:11)
  タケヤ モトヒロ   Motohiro Takeya
  竹屋 元裕
   所属   熊本保健科学大学  保健科学部 医学検査学科
   職位  教授
基本情報
■ 専門分野
実験病理学, 呼吸器内科学, 人体病理学, 代謝、内分泌学 (キーワード:マクロファージ、免疫組織化学、モノクローナル抗体、スカベンジャー受容体、SR-AI, II(CD204)、ACAT-1、肉芽腫、CD204、スカベンジャー受容体ファミリー、オルタナティブ活性化、ノックアウトマウス、LOX-1、CD36、天然化合物、単球、LOX-1(Lectin-like oxidized LDL receptor-1)、CD204欠損マウス、MCP-1、免疫組織科学、TRPM-3陽性マクロファージ、遺伝子欠損マウス、樹状細胞、corosolic acid、MARCO受容体、泡沫細胞化、マクロファージ活性化、SR-AI,II、α1-antitrypsin、組織マクロファージ、粥状動脈硬化) 
■ 最終学歴
熊本大学大学院医学研究科病理系専攻(博士課程)
■ 保有学位
1. 博士
研究業績
■ 著書・論文等
1. 2018/11 論文  Development of Kupffer cell targeting type-I interferon for the treatment of hepatitis via inducing anti-inflammatory and immunomodulatory actions. Drug delivery 25(1),1067-1077頁 (共著) 
2. 2018/07 論文  Positive correlation between the density of macrophages and T-cells in undifferentiated sarcoma. Medical molecular morphology  (共著) 
3. 2018/06 論文  CD163 Is Required for Protumoral Activation of Macrophages in Human and Murine Sarcoma. Cancer research 78(12),3255-3266頁 (共著) 
4. 2018/05 論文  Differential Roles of Rad18 and Chk2 in Genome Maintenance and Skin Carcinogenesis Following UV Exposure. The Journal of investigative dermatology  (共著) 
5. 2017/04 論文  Cell adhesion molecule-1 (CADM1) expressed on adult T-cell leukemia/lymphoma cells is not involved in the interaction with macrophages. Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH 57(1),15-20頁 (共著) 
全件表示(6件)
■ 特許
1. 2010/01/21 心筋障害抑制剤(特開2010-013355)
■ 受託研究・競争的資金
1. 2013~2015  マクロファージの活性化と機能的多様性の解析-M1/M2パラダイムを超えて 科学研究費補助金(基盤研究(B)),基盤研究(B) 
2. 2011~2013  ACAT1陽性後期エンドゾーム誘導を応用したC型ニーマンピック病治療戦略 科学研究費補助金(基盤研究(C)),基盤研究(C) 
3. 2011~2013  天然化合物によるマクロファージの活性化制御に基づく新規治療法の開発 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究),挑戦的萌芽研究 
4. 2008~2010  マクロファージの活性化制御におけるスカベンジャー受容体の役割と診断・治療への応用 科学研究費補助金(基盤研究(B)),基盤研究(B) 
5. 2008~2010  高脂血症病態のマクロファージに出現するACAT1陽性後期エンドゾームの機能解析 科学研究費補助金(基盤研究(C)),基盤研究(C) 
全件表示(26件)