(最終更新日:2021-09-29 14:04:21)
  カイムラ ミチコ   Michiko Kaimura
  甲斐村 美智子
   所属   熊本保健科学大学  保健科学部 看護学科
   職位  講師
基本情報
■ 専門分野
社会医学, 看護学 (キーワード:衛生学・公衆衛生学、生涯発達看護学) 
■ 最終学歴
熊本大学大学院 保健学教育部 保健学専攻 博士後期課程修了
■ 保有学位
1. 博士(看護学)
研究業績
■ 研究テーマ
1. 女性の健康
2. 子どもの睡眠
■ 著書・論文等
1. 2021/09 論文  幼児の睡眠習慣に影響する母親の養育行動および関連要因 日本健康教育学会誌 29(3),278-289頁 (共著) 
2. 2020/12 論文  成熟期女性における月経周期に伴う問題:年代別特徴 地域ケアリング 22(14),60-62頁 (単著) 
3. 2020/08 論文  幼児の睡眠習慣 地域ケアリング 22(10),44-47頁 (単著) 
4. 2020/07 論文  女子看護学生の健康習慣および妊孕性に関する調査 日本ウーマンズヘルス学会誌 19(1),27-33頁 (単著) 
5. 2020/03 論文  看護学生を対象にした妊孕性の関連因子の実態調査 日本女性心身医学雑誌 24(3),300-305頁 (単著) 
全件表示(17件)
■ 学会発表
1. 2020/11 幼児の睡眠習慣に関する文献検討(第67回 日本小児保健協会学術集会)
2. 2020/10 成熟期女性における月経周期に伴う健康問題の特徴(第79回日本公衆衛生学会総会・学術集会)
3. 2020/10 幼児の睡眠に対する母親の認識(第61回日本母性衛生学会総会・学術集会)
4. 2020/01 幼児の睡眠習慣に関する文献検討(第8回日本公衆衛生看護学会学術集会)
5. 2019/12 看護師の月経随伴症状が労働生産性およびQOLに及ぼす影響(第39回日本看護科学学会学術集会)
全件表示(32件)
社会活動・地域貢献
■ 所属学会
1. 2008/04~ 日本女性心身医学会
2. 2015/04~ 日本公衆衛生学会
3. 2016/01~2019/02 日本衛生学会
4. 2017/01~ 日本小児保健協会
5. 2019/04~2020/03 日本看護科学学会
全件表示(9件)
■ その他
1. 2011/12 福岡県立福島高等学校定時制課程 いのちの講話
2. 2009/04~2013/03 玉名高等学校 定時制高校生の社会的自立支援活動
メッセージ
■ メッセージ
看護師を目指すみなさんへ

看護は人間の生命と向き合いますので、学習過程は厳しいかもしれません。しかし、看護師を目指して学ぶ中で、やりがいや達成感を感じたり、時には悩んだりして、一人の人間として大きく成長できることでしょう。そのお手伝いができればと思います。
■ 研究紹介
私は、高校生や大学生などの若い年代の女性が有する月経随伴症状をどのようにしたら軽減できるのか、ということをテーマに研究をしています。特にこの年代は、月経に伴い月経痛だけでなく様々な症状を抱えている女性が多いのですが、効果的な対処をしているとはいえません。この年代の女性の健康、そしてQOLの向上を図ることは、その後の女性の一生の健康に結びつくと考えています。