(最終更新日:2021-08-27 19:24:47)
  モリ ミズエ   Mizue Mori
  森 みずえ
   所属   熊本保健科学大学  保健科学部 看護学科
   職位  教授
基本情報
■ 専門分野
感染看護学, 成人看護学 (キーワード:標準予防策、感染看護専門看護師、 在宅感染予防、口腔ケア) 
■ 最終学歴
岡山大学医学部保健学研究科 博士課程後期 看護学専攻 修了  (保健学博士)
■ 保有学位
1. 学士(看護学)、修士(看護学)、博士(保健学)
研究業績
■ 著書・論文等
1. 2021/01/18 論文  一地方都市のエイズ治療拠点病院に外来通院しているHIV感染者の抑うつに影響を及ぼす要因 日本看護研究学会誌  (共著) 
2. 2019/11/20 論文  脳血管疾患による片麻痺患者の手指衛生におけるセルフケア:健側手指のみで行う有効な手指衛生方法の検討 日本リハビリテーション看護学会誌 9(1),37-44頁 (共著) 
3. 2017/11 論文  腹膜透析患者の出口部感染の実態と解析 腎と透析, 腹膜透析2017 vol.83,240-242頁 (共著) 
4. 2017/04 論文  Experiences of patients with HIV/AIDS receiving mid- and long-term care in Japan: A qualitative study International Journal of Nursing Sciences 4(2),pp.99-104 (共著) 
5. 2017 論文  Effective hand hygiene methods for the non-paralyzed hands of patients with cerebrovascular disease-related hemiplegia -1st stage- 日本環境感染学会誌  (共著) 
全件表示(21件)
■ 学会発表
1. 2019/11/28 熊本県内の在宅要介護高齢者における口腔ケアの実態とその要因(第39回日本看護科学学会)
■ 受託研究・競争的資金
1. 2016/04~2019  要介護高齢者の肺炎予防のための効果的口腔ケア看護-歯科専門職連携プログラムの開発 基盤研究C 
2. 2014/09  神奈川県下の在宅要介護高齢者におけるケアの実態とその要因 その他の補助金・助成金 
3. 2007/04  気管内吸引が必要な在宅療養患者の感染管理と口腔内細菌に関する研究 科学研究費補助金 
4. 2006/04  気管内吸引が必要な在宅療養患者の感染管理と口腔内細菌に関する研究 その他の補助金・助成金 
社会活動・地域貢献
■ 所属学会
1. 1996/05~ 米国看護学業成績認定委員会
2. 1997/03~ 日本看護科学学会
3. 1998/05~ 日本環境感染学会
4. 1999/04~ 日本看護研究学会
5. 2000/03~ 日本感染看護学会
■ 委員・役員等
1. 2002/04~2004/03 日本看護協会 感染管理認定看護師 認定委員
2. 1996/04~ 米国 Sigma Theta Tau International(看護学業成績認定委員会) 会員
■ その他
1. 2017/04~ 熊本県看護教育機関協議会 委員
メッセージ
■ メッセージ
大学で看護を学ぶということ

なぜ大学で看護を学ぶのでしょう。大学では、「医学」そして人間の「行動や特性」について知識を蓄え、学問としての「看護学」を通して人をケアする知識と方法を系統的に学ぶことができます。 科学的に考え、人間学をまなびながら、看護とはなにか、なにができるかについて考えられるようになります。 学問を通して専門知識を深め、自分で学びを深める方法を獲得する、これが大学です。ぜひ、大学で学び、より良い看護を実現してください。
■ 研究紹介
本来治療している疾患ではない感染症で命にかかわったり、治療が難しくなり入院期間が延びたりと、感染症は過重な負担や危険性を人々にもたらします。病気や治療によって感染にかかりやすくなった人(易感染患者)の感染予防方法や、感染症にかかってしまった人の看護の方法について研究をしています。 また、日本の病院で活躍している感染看護専門看護師の活動や役割、普及活動を行っています。現在は「口腔ケアは万病を防ぐ」との信念から、在宅で長期に療養している高齢者や障害のある人たちの感染予防、特に肺炎予防に役立つ口腔ケアについて調査をしたり、より良いケアシステムを考えたりしています。