(最終更新日:2021-12-03 13:55:14)
  ムラセ ミカ   Mika Murase
  村瀨 美香
   所属   熊本保健科学大学  保健科学部 看護学科
   職位  講師
基本情報
■ 専門分野
在宅看護に関する実務, 高齢者看護学、地域看護学, 社会福祉学 (キーワード:基礎看護学・看護教育学、高齢看護学・在宅看護・訪問看護) 
■ 最終学歴
熊本大学大学院 保健学教育部 保健学専攻看護学分野 博士前期課程修了
■ 保有学位
1. 修士(看護学)
2. 学士(社会福祉学)
■ 免許・資格
1. 看護婦免許
2. 社会福祉士
3. 介護支援専門員
4. 認定ケアマネジャー
5. エンドオブライフ・ケア援助士
研究業績
■ 研究テーマ
1. 訪問看護ステーションに勤務する新人訪問看護師のゆらぎについて
2. 訪問看護ステーションに勤務する新人訪問看護師へのサポート体制の構築
3. 訪問看護ステーションにおける受診支援の実態と意義
■ 著書・論文等
1. 2021/03 論文  臨地実習時間の短縮に伴う動画を用いた学内実習における教育方法の報告 熊本保健科学大学研究誌 (18),103-115頁 (共著) 
2. 2019/10 論文  ゆらぎとスーパービジョンに関する研究-支持的スーパービジョンを中心に- 地域福祉サイエンス 2019 第6号 (6),51-59頁 (共著) 
3. 2018/03 論文  対人援助職におけるゆらぎとスーパービジョン 南九州大学人間発達研究 8,15-21頁 (共著) 
4. 2017/03 論文  【修士論文】
訪問看護ステーションに勤務する新人訪問看護師が感じるゆらぎとその対処   (単著) 
5. 2010/06 著書  月刊ケアマネジャー12(6),46-49 
ケアプランの書き方・考え方 第13回   (単著) 
全件表示(6件)
■ 学会発表
1. 2020/11/14 訪問看護師による受診支援の意義と支援基準について考える(交流集会)(第10回日本在宅看護学会学術集会)
2. 2017/12 訪問看護ステーションに勤務する新人訪問看護師が感じるゆらぎへの対処‐支援体制の構築に向けて‐(査読付)(第37回日本看護科学学会学術集会)
3. 2017/11 訪問看護ステーションに勤務する新人訪問看護師が感じるゆらぎの実態(査読付)(第7回日本在宅看護学会学術集会)
■ 受託研究・競争的資金
1. 2019/08~2021/03  訪問看護ステーションステーションにおける受診支援の実態と意義 競争的資金等の外部資金による研究 (キーワード:訪問看護ステーショ、 訪問看護師、受診支援)
社会活動・地域貢献
■ 所属学会
1. 2017/05~ 公益社団法人日本看護科学学会
2. 2017/05~ 一般社団法人日本在宅看護学会
3. 2017/05~ 一般社団法人日本看護研究学会
4. 2004/10~ 一般社団法人日本ケアマネジメント学会
5. 2006/07~ ∟ 認定ケアマネジャーの会会員
全件表示(7件)
■ その他
1. 2006/04~2008/04 熊本県介護支援専門員協会 天草支部役員
2. 2010/03~2012/03 天草市災害時要援護者避難対策会議委員
3. 2011/08~ 認知症キャラバンメイト登録
4. 2019/10~ エンドオブライフ・ケア援助士
5. 2020/07~2020/08 熊本県南豪雨災害避難所支援ボランティア
全件表示(7件)
メッセージ
■ 授業紹介
在宅看護は、人が生活する場で「その人らしく生きる」ことを支援する看護です。 臨地実習では、訪問看護師とともに療養されている療養者の生活場所へ訪問します。皆さん一人一人の考えや生活の仕方が違い、実際に多様な価値観に触れ「その人らしさ」ということを考える機会となります。また、療養者や家族の希望に沿った暮らし方を支えることや自己決定の大切さなど一緒に考えていきます。さらに、1人1人の生活を支えるための他職種との連携の中、チームとしての訪問看護師の役割についても理解していけるように取り組んでいきます。
■ メッセージ
看護師を目指すみなさんへ

 看護という職業に何をイメージするでしょうか。看護は誰かを見まもり世話する。「病」や「老」など自身の変化に悩む人々を対象とし、その人の健康問題を、その人とともに解決していこうとする職業です。看護には人を思いやるあたたかな心が大切です。また、人との関わりを通し学ぶことが多く感謝の心を持ちながら成長していけると思います。看護とは実際にどのようなものか、また、看護に必要な知識や技術について一緒に学んでいきましょう。