(最終更新日:2021-09-27 08:36:06)
  サカモト アリサ   Arisa Sakamoto
  坂本 亜里紗
   所属   熊本保健科学大学  保健科学部 医学検査学科
   職位  講師
基本情報
■ 専門分野
創薬化学 (キーワード:HTLV-1, Tax, HBZ) 
■ 最終学歴
熊本保健科学大学 大学院
■ 保有学位
1. 保健学修士(臨床検査領域専攻)
■ 免許・資格
1. 臨床検査技師免許
研究業績
■ 研究テーマ
1. 宿主細胞がもつカルジオリピンがレトロウイルスに及ぼす影響と抗ウイルス薬への展開
■ 著書・論文等
1. 2019/09 論文  交差混合試験の新規実習教材の開発:直接経口抗凝固薬を用いたインヒビター疑似検体の可能性 臨床検査学教育 11(2),175-181頁 (共著) 
2. 2018/03 論文  Transription factor specificity protein1 modulates TGFβ1/Smad signaling to negatively regulate SIGIRR expression by human M1 macrophages stimulated with substance P   (共著) 
3. 2017/08 論文  Differential regulation of IL-23 production in M1 macrophages by TIR8/SIGiRR through TLR4- or TLR7/8-mediated signaling   (共著) 
4. 2017/07 論文  Di-(2-ethylhexyl) phthalate suppresses IL-12p40 production by
GM-CSF-dependent macrophages via the PPARα/TNFAIP3/TRAF6 axis after lipopolysaccharide stimulation. Hum Exp Toxicol  (共著) 
5. 2017/06 論文  Surfactant protein D inhibits interleukin-12p40 production by macrophages through the SIRPα/ROCK/ERK signaling pathway. Am J Med Sci 353,559-567頁 (共著) 
全件表示(6件)
■ 学会発表
1. 2019/11/28 カルジオリピンとHIV-1GagMAドメインとの結合解析と創薬への展開(第37回メディシナルケミストリーシンポジウム)
社会活動・地域貢献
■ 所属学会
1. 2015/04~ 日本臨床衛生検査技師会
2. 2018/12~ 日本エイズ学会
3. 2018/12~ 日本薬学会
メッセージ
■ メッセージ
在学生のみなさんへ

国家試験に合格することは大事ですが、「国試合格」が最終目標ではないと思います。卒業後のビジョンを思い描きながら日々、大切に過ごして下さい。実現のため、学生時代にやるべきことなどを考え、色々なことにチャレンジして下さい。
「熊保大を選んで良かった」と思って卒業の日を迎えられるような大学生活を学生の皆さんが過ごされることを願っています。