(最終更新日:2021-12-03 14:42:39)
  マスミツ ヨシヒサ   Yoshihisa Masumitsu
  益滿 美寿
   所属   熊本保健科学大学  保健科学部 リハビリテーション学科生活機能療法学専攻
   職位  准教授
基本情報
■ 専門分野
応用健康科学, 子ども学、保育学, スポーツ科学, リハビリテーション科学 (キーワード:作業科学、旅行、子どもの心身発達、家族支援、スポーツメンタルコンディション) 
■ 最終学歴
県立広島大学大学院 総合学術研究科 保健福祉学専攻
■ 保有学位
1. 修士(保健福祉学)
■ 免許・資格
1. 作業療法士
2. 福祉用具プランナー
3. 介護支援専門員(ケアマネジャー)
研究業績
■ 研究テーマ
1. 子どもの感覚運動遊びと心身の発達
2. スポーツメンタルコンディション
3. 育児期における母親・父親の作業バランス
4. 旅行と健康
■ 著書・論文等
1. 2021/07/20 著書  脳卒中者の外出・旅行への支援 作業療法ジャーナル55巻8号  増刊号 脳卒中の作業療法最前線 55(8),949-983頁 (共著) 
2. 2021/02/10 著書  Recreation レクリエーション 第3版 ~活動と参加を促すレクリエーション~  376-378頁 (共著) 
3. 2017/03 論文  「旅」と作業療法について ~作業療法士がマネジメントする旅~ 作業療法研究くまもと 第5巻(1号),28-32頁 (単著) 
4. 2015/07 論文  A Change in Bathing Style May Improve Mental Fitness Health 7(2),270-278頁 (共著) 
5. 2010/03 論文  集中治療室における作業療法モデルの構築   (単著) 
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2021/09/10 COVID-19流行下における高齢者の作業剥奪状態の調査研究 ー世代間比較と新しい生活への適応ー(第55回 日本作業療法学会)
2. 2018/02/24 横断歩道における見えないバリアについての実態調査~交通弱者が安全に暮らすには~(第23回全国地域作業療法研究大会)
3. 2016/09/09 高齢者・障がい者にとって旅という作業が可能になること~産学連携プロジェクト~(第50回日本作業療法学会)
4. 2014/05/11 入浴スタイルが注意機能に及ぼす影響(第79回日本温泉気候物理学会)
5. 2011/06/24 集中治療室における作業療法モデルの構築(第45回日本作業療法学会)
全件表示(14件)
■ 受託研究・競争的資金
1. 2017/06~  スポーツ医科学サポート事業 『肥後銀行女子駅伝部実業団アスリートへの支援』 寄付金 
社会活動・地域貢献
■ 所属学会
1. 1996/06~ 日本作業療法士協会
2. 2012/01~ 日本作業科学研究会
3. 2015/07~2019/07 日本集中治療医学会
■ 委員・役員等
1. 1996/06~ 一般社団法人 日本作業療法士協会(日本作業療法学会) 会員
■ 講演等
1. 2016/02/13 旅と健康について~作業療法と旅行会社のコラボレーション~(福岡県)
■ その他
1. 2021/05~ スポーツヘルスサイエンス事業
2. 2017/06~ スポーツ科学サポート(企業・スポーツ協会・学校等)
3. 2017/06~ 一般社団法人 熊本県作業療法士会 学術部部員(学術支援アドバイザー・査読)
4. 2013/12~2015/12 益城町子ども・子育て会議委員
5. 1996/06~ 一般社団法人 熊本県作業療法士会 会員
メッセージ
■ 授業紹介
私のゼミでは、『作業科学』という学問を勉強しながら、
『人が望んでいる作業を可能にして健康を支援すること』について学びます。

作業療法士は、「こころ」「からだ」「生きる」を支えるスペシャリストです。
リハビリを通して人のために役立つセラピーをいっしょに経験してみませんか。

私が学生といっしょに実践した理想的なOTモデルが、
YouTubeに公開されています。
本学のOTスペシャルムービー「イルカと泳いだ女の子」をご覧ください。