(最終更新日:2021-09-27 16:01:58)
  スエナガ ヨシコ   Yoshiko Suenaga
  末永 芳子
   所属   熊本保健科学大学  保健科学部 看護学科
   職位  准教授
基本情報
■ 専門分野
看護学 (キーワード:母性看護学、基礎看護学) 
■ 最終学歴
九州看護福祉大学大学院  看護福祉学研究科 看護学専攻 博士前期課程  修了
■ 保有学位
1. 修士(看護学)
■ 免許・資格
1. 看護師
2. 助産師
研究業績
■ 研究テーマ
1. 母乳育児支援について
■ 著書・論文等
1. 2016/03 論文  A県における母乳育児の現状と課題 ―母親が満足する母乳育児支援を探る― 保健科学研究誌 (第13号),147-158頁 (共著) 
2. 2016/03 論文  育児期の母親の幸福感および育児感情と就業状況との関連 保健科学研究誌 (第13号),61-67頁 (共著) 
3. 2014/03 論文  男子学生の母性看護実習の現状と課題 保健科学研究誌 (第11号),1-7頁 (共著) 
4. 2012/03 論文  中高年女性の尿失禁
― 予防と改善に向けた調査研究 ―(査読付) 保健科学研究誌 (第9号),29-36頁 (共著) 
■ 学会発表
1. 2017/12 大学生のLGBTに関する実態(第37回日本看護科学学会学術集会)
2. 2015/10 育児期の母親の負担感・不安感・肯定感と就業状況との関係についての検討(第56回日本母性衛生学会学術集会)
3. 2013/10 A県における母乳育児の現状と課題―母親が満足する母乳育児支援を探る―(第54回日本母性衛生学会学術集会)
社会活動・地域貢献
■ 所属学会
1. 日本看護科学学会
2. 日本看護研究学会
3. 日本助産学会
4. 日本母性衛生学会
メッセージ
■ メッセージ
看護職を目指すみなさんへ

看護という職業は人びとの暮らしのなかから生まれた専門職と言われています。家族に病人がいればその世話を、新しい命が生まれる時にもその世話を人びとは行ってきました。看護学科では人びとがより健康な生活をおくるための、知識・技術を身につけるとともに、その人に寄り添い支援することができるような講義や実習等があります。どうぞ、看護学科の戸をたたいてみて下さい。
■ 研究紹介
私の専門は、母性看護学という領域になります。母性看護学とは、妊婦さんや産婦さん・出産後のお母さんと赤ちゃんの看護や母性の一生を通じた健康について探求する学問です。私は特に出産後のお母さんの母乳育児に関する調査を行なっています。