(最終更新日:2021-09-01 10:04:11)
  ナガタ カズミ   Kazumi Nagata
  永田 和美
   所属   熊本保健科学大学  保健科学部 医学検査学科
   職位  准教授
基本情報
■ 専門分野
脂質 (キーワード:HDL-C、LDL-C、TC、TG、アポタンパク) 
■ 保有学位
1. 保健衛生学士(保健衛生学分野)
2. 熊本大学大学院医学教育部医科学専攻 博士前期課程修了 医科学修士
■ 免許・資格
1. 臨床検査技師
2. 健康食品管理士
研究業績
■ 研究テーマ
1. HDL2- CとHDL3-Cの測定法の開発
■ 著書・論文等
1. 2019/01 論文  トキソプラズマの感染リスクに関する検討(査読付) 日本臨床検査自動化学会誌 44(1),28頁 (共著) 
2. 2017/03 論文  臨地実習前に臨床検査システムを導入した学内実習教育プログラムの構築(査読付) 臨床検査学教育 9(1),5-12頁 (共著) 
3. 2016/11 著書  HDL-C 測定法の現状と課題 臨床検査 第60巻(第12号),1452-1458頁 (共著) 
4. 2016 論文  An enzyme combination assay for serum sphingomyelin: Improved specificity through avoiding the interference with lysophosphatidylcholine.(査読付) Anal Biochem (498号),29-36頁 (共著) 
5. 2016 論文  特定健診におけるHbA1c値の地区間差是正に向けた取り組み-HbA1cの測定法、遠心条件、サンプリング位置に関する問題点(査読付) 日本臨床検査自動化学会会誌 第41巻(第5号),642-651頁 (共著) 
全件表示(17件)
■ 学会発表
1. 2019/11/16 血清高密度リポ蛋白質亜分画コレステロール直接測定法の開発(第36回日本薬学科会九州支部大会)
2. 2019/08/22 運動介入後の健康度調査における教育学的地域参加の試み その1(第14回日本臨床検査学教育学会学術大会)
3. 2019/08/22 運動介入後の健康度調査における教育学的地域参加の試み その2(第14回日本臨床検査学教育学会学術大会)
4. 2019/08/22 運動介入後の健康度調査における教育学的地域参加の試み その3(第14回日本臨床検査学教育学会学術大会)
社会活動・地域貢献
■ 所属学会
1. 日本臨床衛生検査技師会
2. 日本臨床化学会
3. 2010/04~ ∟ リポ蛋白専門委員会 プロジェクト委員
4. 日本臨床検査自動化学会
5. 生物試料分析科学会
全件表示(7件)