マツモト タマミ   Tamami Matsumoto
  松本 珠美
   所属   熊本保健科学大学  保健科学部 医学検査学科
   職位   准教授
発表年月日 2009
発表テーマ LAMP法を用いた皮膚型リーシュマニア症の遺伝子診断法の開発
会議名 第58回日本医学検査学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 横浜市
発表者・共同発表者 松本珠美、橋口義久、三森龍之
概要 LAMP法を用いた皮膚型リーシュマニア原虫の2つの亜属の鑑別。リーシュマニア原虫は2つの亜属があり、通常亜属を決定し、その後種の鑑別を行う。今回、南米で主に皮膚、粘膜潰瘍を引き起こすリーシュマニア原虫種5種について、亜属をそれぞれ同定するLAMP法用プライマーを初めて開発した。