イイヤマ ジュンイチ   Junichi Iiyama
  飯山 準一
   所属   熊本保健科学大学  保健科学部 リハビリテーション学科理学療法学専攻
   熊本保健科学大学大学院  保健科学研究科 保健科学専攻
   職位   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2009
形態種別 研究論文 
標題 Improvements in limb kinetic apraxia by repetition of a newly designed facilitation exercise in a patient with corticobasal degeneration.
執筆形態 共著
掲載誌名 Internatinal Journal of Rehabilitation Research
巻・号・頁 32(2),178-83頁
著者・共著者 Kawahira K, Noma T, Iiyama J, Etoh S, Ogata A, Shimodozono M.
概要 大脳皮質基底核変性症はパーキンソン症状に加え肢節運動失行や他人の手現象など皮質症状を特徴とする進行性の神経疾患であるが、促通反復手技により肢節運動失行症状が改善しADLが向上した。