カメヤマ ヒロキ   Hiroki Kameyama
  亀山 広喜
   所属   熊本保健科学大学  保健科学部 医学検査学科
   職位   講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2015/03
形態種別 研究論文 
標題 好中球エラスターゼ刺激によるヒト内臓脂肪細胞のSubstanceP遺伝子発現とその意義
執筆形態 共著
掲載誌名 保健科学研究誌
掲載区分国内
出版社・発行元 熊本保健科学大学
巻・号・頁 (第12号),9-15頁
著者・共著者 坂本亜里紗,山口類,山本隆敏,青木学,梅橋 操子,楢原 真二,北野 正文,三村 孝俊,菊池 亮,寺本 弘二,松本 珠美,山鹿 敏臣,亀山 広喜,山口康雄
概要 2015.03.31.
ヒト凍結内臓前駆脂肪細胞より成熟脂肪細胞を分化・誘導した。これらの成熟脂肪細胞には,脂肪細胞特有のadipokinemRNAの発現が確認された。更に,01RedO染色にて中性脂肪の蓄積が認められた。HNE刺激により成熟脂肪細胞にSubstanceP(SP)mRNAの発現が認められた。HNEに対するG蛋白共役型プロテアーゼ受容体(PAR2)の発現検索の結果,ヒト末梢血単球及び成熟脂肪細胞にPARP2mRNAの発現が認められ,成熟脂肪細胞では,HNE刺激によるPARP2を介した細胞内シグナル伝達系が存在することが示唆された。担当部分は、主に引用論文の収集及び解析を行った。