マツモト タマミ   Tamami Matsumoto
  松本 珠美
   所属   熊本保健科学大学  保健科学部 医学検査学科
   職位   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/03
形態種別 研究論文 
査読 査読あり
標題 Eikenella corrodens感染症4症例の臨床細菌学的検討
執筆形態 共著
掲載誌名 保健科学研究誌
掲載区分国内
巻・号・頁 9,7-13頁
著者・共著者 正木 孝幸、松本珠美
概要 in press
患者の高齢化、入院日数の長期化にともないVirulenceの弱い病原体による感染症が増加している。これらの感染症の一つとして、Eikenella corrodensが知られている。E. corrodens一般に口腔に存在するVirulenceが比較的弱い細菌であるため、口腔中心の感染報告が多いが,今回は発生位置の異なる膿瘍および潰瘍形成感染症を経験した。
 今回示す症例もすべて, Streptococcus属などグラム陽性球菌との混合感染であり,本菌が存在する条件の違いによりVirulenceが増強する特徴を示すと考えられるため、臨床細菌学的な検討を行った。
 
担当:臨床細菌学に関する資料の収集と考察の一部を担当した。