Toru Takashima
   Department   Kumamoto Health Science University  Department of Nursing, Faculty of Health Science
   Position   Assistant Professor
Language English
Publication Date 2013
Type
Peer Review Peer reviewed
Title Feeding with olive oil attenuates inflammation in dextran sulfate sodium-induced colitis in rat
Contribution Type
Journal J Nutr Biochem
Journal TypeAnother Country
Volume, Issue, Page 25(2),pp.186-192
Responsible for 本人担当部分:実験、分析、論文執筆
Authorship Lead author
Author and coauthor Toru Takashima, Yasuhisa Sakata, Ryuichi Iwakiri, Ryosuke Shiraishi, Yasutomo Oda, Norie Inoue, Atsushi Nakayama, Shuji Toda, Kazuma Fujimoto
Details 潰瘍性大腸炎(UC)の長期経過例で大腸癌が高率に合併するが、UCに対するオリーブオイルの摂取による効果をラットモデルを用いて調べた。その結果、DSS腸炎モデルにおいて、エキストラバージンオリーブオイルの摂取は、DSSで誘導された潰瘍の慢性炎症を阻害し、細胞増殖を促進し、アポトーシスを減らした。UCによる大腸発癌のリスクを低くする可能性があることが示唆された。