Takiko Tateishi
   Department   Kumamoto Health Science University  Department of Medical Technology, Faculty of Health Science
   Position   Associate Professor
Language English
Publication Date 2016/08
Type
Peer Review Peer reviewed
Title Development of an enzymatic assay for ethanolamine in plasma.
Contribution Type
Journal International Journal of Analytical Bio-Science
Journal TypeAnother Country
Volume, Issue, Page 4(4),pp.110-116
Responsible for 実験補助
Author and coauthor Eri Ohta, Eisaku Hokazono, Takiko Tateishi, Miki Kawano, Yuzo Kayamori
Details エタノールアミン(Etn)は、これまでにゼルウィガー症候群において新生児で尿Etnが増加したと報告されたこと、質量分析法を用いたメタボロミクス研究において膵臓癌患者の唾液においてEtnが有意に増加したことが報告されている。Etnは従来、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)およびキャピラリー電気泳動-質量分析にて測定されてきたが、複雑な前処理操作が必要などの欠点がある。我々は、アミンオキシダーゼと銅を用いた簡単で迅速な酵素法を開発した。当方法はHPLCに基づく方法と強い相関があることを見出した。