Takiko Tateishi
   Department   Kumamoto Health Science University  Department of Medical Technology, Faculty of Health Science
   Position   Associate Professor
Language English
Publication Date 2017/05
Type
Peer Review Peer reviewed
Title Preliminary study of a high-sensitivity method to determine sarcosine in urine using high-performance liquid chromatography.
Contribution Type
Journal International Journal of Analytical Bio-Science
Journal TypeAnother Country
Volume, Issue, Page 5(3),pp.43-51
Responsible for 実験および解析
Author and coauthor Takiko Tateishi, Yuki Matsuba, Kasumi Shimokawa, Maiko Kawahara, Miki Kawano, Yuki Tanaka, Masahiro Manabe, Masanori Okuma, Katsuyoshi Ikeda, Hirotaka Matsui, Eisaku Hokazono, Yuzo Kayamori.
Details 近年、尿中サルコシンについて前立腺がんの進行に伴い大幅に増加することや、臨床で汎用される前立腺特異抗原 (PSA) よりも感度・特異度ともに良好とされることから、前立腺がんの新たな早期発見マーカーとして期待されている。
尿中サルコシン測定は様々な方法で実施されているが、いずれも煩雑で検査時間を要する上、高価である。
我々は、サルコシンが第二級アミンであることから、第二級アミンの蛍光ラベル化剤であるNBD-F (4-fluoro-7-nitrobenzofurazan) を用いた高速液体クロマトグラフィー (HPLC) 法における測定法を確立した。