(最終更新日:2019-09-19 11:13:31)
  タカイシ コウイチ   Kouichi Takaishi
  高石 浩一
   所属   京都文教大学  臨床心理学部 臨床心理学科
   職種   教授
■ 学内役職
1. 2005/04/01~2013/07/31 京都文教大学 学生相談室長
■ 学歴
1. ~1982/03 京都大学 教育学部 教育心理学科 卒業
2. ~1985/03 京都大学大学院 教育学研究科 教育方法学専攻 修士課程修了 教育学修士
3. ~1988/03 京都大学大学院 教育学研究科 教育方法学専攻 博士課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 1990/04~1996/03 京都女子大学 学生相談室 助教授・准教授
2. 2005/04~ 京都文教大学大学院臨床心理学研究科 博士後期課程研究指導補助教員
3. 2008/04~ 京都文教大学 臨床心理学部 臨床心理学科 教授
■ 資格・免許
1. 臨床心理士(562号)
■ 現在の専門分野
臨床心理学 
■ 著書・論文歴
1. 著書  インターネットに潜む危険 『大学生が出会うリスクとセルフマネージメント』 38-49頁 (共著) 2015/05
2. 著書  コラム ニュータウンと引きこもり 京都発!ニュータウンの「夢」建てなおします ―向島からの挑戦― 148-150頁 (共著) 2015/03
3. 著書  第13章 学生相談 現場で役立つスクールカウンセリングの実際 217-233頁 (共著) 2012/08
4. 著書  ケータイ・ネット時代の臨床心理学 改め河合隼雄が本当に言いたかったこと 四天王寺カウンセリング講座10 77-104頁 (共著) 2011/08
5. 著書  第16章 専門家の壁!? カウンセリングと心理療法 ―その微妙な関係― 154-163頁 (共著) 2011/05
全件表示(98件)
■ 学会発表
1. 2013/06 『遊戯療法家を育てる』 ―教育と訓練をめぐって―「遊戯療法の講義・実習の工夫」(日本遊戯療法学会第19回大会)
2. 2011/09 同性愛の心理臨床について考える その9(日本心理臨床学会第30回大会)
3. 2011/01 ボランティアが特定疾患患者と初めて出会う時 ―心的変化と支援者支援―(厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「特定疾患患者の自立支援態勢の確立に関する研究」平成22年度研究報告会)
4. 2010/01 難病相談支援センターアンケート報告―Q&A集作成に向けて―(厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「特定疾患患者の自立支援態勢の確立に関する研究」平成21年度研究報告会)
5. 2009/01 難病相談支援センターアンケート結果報告―Q&A集作成に向けて―(厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「特定疾患患者の自立支援態勢の確立に関する研究」平成20年度研究報告会)
全件表示(11件)
■ 講師・講演
1. 2016/10/21 セクシュアリティと現代(京都文教大学)
2. 2016/07/03 心理検査でみる発達障害(MST南森町9階 セミナールーム)
3. 2016/03/04 性別違和を生きる学生のために ―支援を考える―(立教大学池袋キャンパス)
4. 2014/11 今、育ちを考える ―米国版IEP(個別の教育支援計画)から見た特別支援(京都文教大学)
5. 2014/11 登校ごころと子どもの対人コミュニケーション(京都市教育相談センター こどもパトナ)
全件表示(63件)
■ 研究活動(競争的外部資金含む)
1. 2018/04~  鶴見和子の内発的発展論を「受苦と共生の社会運動論」として現代に再考する実践的研究 競争的資金等の外部資金による研究 (キーワード:内発的発展論,鶴見和子,共生,社会運動論,社会思想史)
■ 授業科目
1. コミュニケーションスキル演習
2. 初年次演習【臨床クラス】
3. 心理学概論
4. 心理的アセスメントに関する理論と実践(公認心理師)
5. 心理療法学
全件表示(29件)
■ 所属学会
1. 1983/05 日本教育心理学会
2. 1983/09 日本芸術療法学会
3. 1985/04 日本心理臨床学会
4. 1987/05 日本精神分析学会
5. 1988/04 日本心理学会
全件表示(10件)
■ 社会における活動
1. 2004/04~2010/03 神戸市スクールカウンセラー
2. 2009/07 思春期講座「ネット・ケータイ社会での人間関係の築き方」
3. 2009/07 男女共同参画基礎講座「母を支えた娘たち ―娘たちの行方―」
4. 2009/08~ 「一般社団法人 子ども・青少年育成支援協会あしたね」顧問
5. 2009/09 富士通メンタルヘルスセミナー「うつ病への対策と予防」
全件表示(33件)
■ プロフィール
名前:高石浩一(たかいしこういち)
略歴:1982年京都大学教育学部卒業、1988年同大学院博士後期課程満期退学。滋賀大学学生相談嘱託カウンセラー、京都精華大学カウンセリングルーム非常勤カウンセラー、京都府児童相談所非常勤心理判定員、国立療養所宇多野病院非常勤心理判定員などを経て、1990年京都女子大学学生相談室に講師として奉職。同助教授を経て、現在京都文教大学臨床心理学部教授。臨床心理士。
著書『母を支える娘たち』(日本評論社)の他、共著書として『臨床心理学体系11』(金子書房)、『臨床的知の探求』(創元社)、『事例に学ぶ心理療法』(日本評論社)、『こころの日曜日1~4』(法研)などがあり、訳書としてマリオ・ヤコービ著『個性化とナルシシズム』(創元社)『恥と自尊心』(新曜社)、ジョン・アラン著『ユング派の学校カウンセリング』(昭和堂)がある。
神戸市在住。
e-mail:ko-takaishi@po.kbu.ac.jp