(最終更新日:2021-06-04 16:17:52)
  ウ ジョンテ   Woo Jongtae
  禹 鍾泰
   所属   京都文教大学  臨床心理学部 臨床心理学科
   京都文教大学  臨床心理学研究科 博士前期課程
   京都文教大学  臨床心理学研究科 博士後期課程
   職種   教授
■ 学内役職
1. 2020/04/01~2021/03/31 京都文教大学 学生相談室長
2. 2020/04/01~2021/03/31 京都文教大学 学生部長
3. 2018/04/01~2020/03/31 京都文教大学 学生相談室長
4. 2018/04/01~2020/03/31 京都文教大学 学生部長
5. 2014/04/01~2018/03/31 京都文教大学 臨床心理学科長
全件表示(7件)
■ 学歴
1. ~1985/02 国立慶北大学校 社会科学大学心理学科 卒業
2. ~1985/11 国立慶北大学校教育大学院 相談心理学専攻 修士課程中退
3. ~1989/03 京都大学大学院 教育学研究科 教育方法学専攻 修士課程修了 教育学修士
4. ~1992/03 京都大学大学院 教育学研究科 教育方法学専攻 博士課程単位取得満期退学
5. ~1996/03 総合研究大学院大学(総研大) 文化学研究科 国際日本研究専攻 博士課程修了 博士(甲第164号)(学術)
■ 職歴
1. 1996/04~2000/03 京都文教大学 人間学部 臨床心理学科 講師
2. 2000/04~2006/03 京都文教大学 人間学部 臨床心理学科 准教授
3. 2002/04~2006/03 京都文教大学 臨床心理学研究科 博士前期課程 准教授
4. 2006/04~2008/03 京都文教大学 人間学部 臨床心理学科 教授
5. 2006/04~ 京都文教大学 臨床心理学研究科 博士前期課程 教授
全件表示(7件)
■ 資格・免許
1. 2020/05/23 国際ユング派分析家
■ 現在の専門分野
分析心理学, 文化臨床心理学 
■ 著書・論文歴
1. 著書  心理臨床の法と倫理  183-194頁 (共著) 2012/04
2. 著書  心理学対決!フロイト対ユング  160-163頁 (共著) 2010/03
3. 著書  韓国人女性の箱庭作品に表現される韓国的特長   (共著) 2007/03
4. 著書  心理臨床家アイデンティティの育成  304-312頁 (共著) 2005/03
5. 論文  An Inquiry into Pagan Individuation in Japanese and Korean Culture, ISAP(International School of Analytical Psychology)資格論文  (単著) 2020/05/23
全件表示(14件)
■ 学会発表
1. 2015/01 *(韓国箱庭療法学会定期研修会)
2. 2014/08 *(韓国箱庭療法学会定期研修会)
3. 2014/01 *(韓国箱庭療法学会研修会(事例検討会))
4. 2013/08 *(韓国箱庭療法学会研修会(事例検討会))
5. 2013/01 *(韓国箱庭療法学会研修会)
全件表示(13件)
■ 講師・講演
1. 2018/01/29 学校相談研修会の事例検討会の講師を務めた
2. 2017/08/10 箱庭療法事例研究会においてコメンテーターを務めた
3. 2017/01 箱庭療法による心理療法事例報告に対してコメントを行った
4. 2014/06 分析家訓練における文化的要因〈李符永(京都大学・講師)〉(京都大学)
5. 2014/03 韓国における箱庭療法の現状と展望(六甲心理療法研究所)
全件表示(6件)
■ 研究活動(競争的外部資金含む)
1. 2020/04~2021/03  象徴的マテリアルの研究 個人研究 
2. 2020/04~2021/03  箱庭療法の現状 個人研究 
3. 2020/04~2021/03  夢分析の臨床的活用 個人研究 
4. 2019/04~2020/03  Figure Theater療法の実践的応用のための基礎研究 個人研究 
5. 2019/04~2020/03  箱庭療法の事例研究 個人研究 
全件表示(19件)
■ 授業科目
1. ユング心理学
2. 社会に活かす臨床心理学
3. 初年次演習【臨床クラス】
4. 心理演習【Aクラス】
5. 心理演習【Bクラス】
全件表示(40件)
■ 担当経験のある科目
1. 文化心理学(京都文教大学)
■ 所属学会
1. 2006/04~2013/03 日本心理学会
2. 2004/05~ 韓国箱庭療法学会
3. 1997/02~2010/03 韓国児童心理再活学会
4. 1991/04~ 日本箱庭療法学会
5. 1990/09~ 日本心理臨床学会
■ 社会における活動
1. 2014/05 京都文教高等学校ALP授業「臨床心理学科のカリキュラムと学習方法」
2. 2013/08 Figure Theater療法適用調査(対象:思春期児童)および検討会
3. 2012/05 京都文教教養講座 臨床心理学科テーマ:「音楽と物語」第1回講師、「オペラ作品にみる親子関係」
4. 2011/04~2012/03 Figure Theater療法の心理学的活用の試みに関する調査(対象:韓国の青年)
5. 2009/04~2010/03 総合研究大学院大学(国際日本文化研究センター)のメンタルヘルス担当カウンセラーとして、在学生及び職員の心理相談を行っている。
全件表示(8件)