マツダ マリコ   Mariko Matsuda
  松田 真理子
   所属   京都文教大学  臨床心理学部 臨床心理学科
   京都文教大学  臨床心理学研究科 博士後期課程
   京都文教大学  臨床心理学研究科 博士前期課程
   職種   教授
発表年月日 2014/11
発表テーマ Effectiveness of psychotherapy for At Risk Mental State (ARMS) in preventing full blown psychosis ―through the view point of –impulse-control and cognitive function―
会議名 9th International Conference on IEPA in Tokyo(The International Early Psychosis Association Inc) 国際早期精神病学会第9回大会
学会区分 国際学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 東京
発表者・共同発表者 松田真理子 共同発表者:生田孝(名古屋市立大学医学部臨床教授・聖隷浜松病院精神科)、山路有紀(京都文教大学学生相談室)、高島朋子(ヘルスアンドウェーブ株式会社)、周直民(京都大学医学部精神神経科)
概要 ポスター演題発表