マツダ マリコ   Mariko Matsuda
  松田 真理子
   所属   京都文教大学  臨床心理学部 臨床心理学科
   京都文教大学  臨床心理学研究科 博士後期課程
   京都文教大学  臨床心理学研究科 博士前期課程
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2020/11
形態種別 研究論文(学術雑誌)
招待論文 招待あり
標題 青木繁―外なる邪気と内なる仏性」『天才の精神分析―病跡学(パトグラフィ)への誘い
執筆形態 単著
掲載誌名 医学のあゆみ
掲載区分国内
出版社・発行元 医歯薬出版株式会社
巻・号・頁 275(7),849-852頁
概要 画家・青木繁は明治浪漫主義絵画を代表する洋画家の1人として
位置づけられており、画才に恵まれ、代表作には『海の幸』「わだつみのいろこの宮」などがある。その作品は一時期、大きな注目を浴びたが、彼の人生は
破天荒であり、失意のうちに28歳で夭折した。筆者は2014年に日本病跡学雑誌に青木繁の病跡についての論考を上梓した。今回は編集部からの依頼を受け、
青木は人生の大半を自らの邪気に支配されていたが、結核という病を得ることによりようやく内なる仏性がめざめ、慈悲の心を表現することができたことに焦点を当て、青木について論考した。