マツダ マリコ   Mariko Matsuda
  松田 真理子
   所属   京都文教大学  臨床心理学部 臨床心理学科
   京都文教大学  臨床心理学研究科 博士後期課程
   京都文教大学  臨床心理学研究科 博士前期課程
   職種   教授
研究期間 2020/04~2021/03
研究課題 アットリスク精神状態群(精神病発症危険群)の未治療期間(Duration of Untreated Psychosis; DUP 以下DUPとする。)を短縮させるための心理療法的面接法の開発
実施形態 個人研究
代表分担区分 研究代表者
概要 1.アットリスク精神状態群の患者の病前性格、精神科受診に対する本人と両親・関係各者の捉え方を勘案し、精神疾患に対する理解度の向上、治療意欲の継続、医療機関との協力関係の形成能力の育成をはかり、DUPの短縮、ならびに治療を継続させるための工夫点を見出し、それらを心理面接の中に導入することを目的とする。 2.精神科受診につながりにくい自我親和的な前駆症状の内容を精査し、人格構造、社会適応、認知的側面からの検討も加え、DUPの短縮につなげるための工夫点を明らかにする。