ワタベ マコト   WATABE Makoto
  渡部 誠
   所属   日本女子体育大学  体育学部 健康スポーツ学科
   日本女子体育大学大学院  スポーツ科学研究科 スポーツ科学専攻
   職種   特任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1979/10
形態種別 研究論文(学術雑誌)
標題 スポーツ技術の移入・発展に関する史的考察
執筆形態 共著
掲載誌名 日本女子体育大学紀要
掲載区分国内
巻・号・頁 第9巻,1-10頁
担当範囲 資料収集と整理を担当
著者・共著者 三沢光男・滝幸三郎・渡部誠
概要 本研究は、ハードル競走のうち200mロー・ハードル競走と共に最古の歴史を持ち現在も、国際的競技種目となった110mハイ・ハードルをとりあげ、文献資料法により、対象の期間は日本のハードル選手が国際オリンピック大会に初出場したまでとした。日本でハードル競走が行われるようになったのは、東大運動会(1883)からであり、その第2回大会(1884)で今日の形に近づいたといえよう。1928年のアムステルダム・オリンピック大会で、三木選手が準決勝進出を果たし、日本のハイ・ハードル技術も国際水準に達したといえる。