photo
    (最終更新日:2021-05-22 10:18:54)
  タケダ ミズホ
  武田 瑞穂
   所属   十文字学園女子大学  教育人文学部 心理学科
   職種   講師
■ 現在の専門分野
キーワード:発達臨床心理学 発達障害 
■ 所属学会
1. 日本特殊教育学会
2. 日本臨床発達心理士学会
3. 日本LD学会
4. 日本認知・行動療法学会
5. 日本発達障害システム支援学会
全件表示(8件)
■ 学歴・学位
1. 2013/04~2019/03 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 障害科学専攻 博士課程修了 博士(障害科学)
2. 2007/09~2009/05 Social Policy & Practice, University of Pennsylvania 修士課程修了 Master of Social Work
3. 2004/04~2006/03 筑波大学大学院 教育学研究科 カウンセリング専攻リハビリテーションコース 修士課程修了 修士(リハビリテーション修士)
■ 資格・免許
1. 2019/02 公認心理師
2. 2012/03 精神保健福祉士
3. 2011/04 臨床発達心理士
4. 2011/03 社会福祉士
5. 1998/03 小学校教諭1種免許状
■ 職歴
1. 2021/04~ 十文字学園女子大学 教育人文学部 心理学科 専任講師
2. 2019/12~2021/03 筑波大学附属学校教育局 研究員
3. 2019/04~ 立教大学 兼任講師
4. 2020/04~2021/03 東京都特別支援教室 巡回相談心理士
5. 2012/04~2016/03 千代田区教育委員会(幼稚園・小学校) 発達支援アドバイザー
全件表示(8件)
■ 研究業績(著書・論文)
1. 2021/02/21 論文  A Qualitative Study of Impacts of the COVID-19 Pandemic on Lives in Adults with Attention Deficit Hyperactive Disorder in Japan. International Journal of Environmental Research and Public Health 18(4) (共著) 
2. 2020 論文  ADHD児者に対するコーチングの研究動向―効果検証と生涯発達の視点から― LD研究 184-192頁 (単著) 
3. 2020 論文  KABC-Ⅱ 視覚的短期記憶が低く学習尺度が高い中学生に対する多感覚学習法を用いた英単語の指導   (共著) 
4. 2020 論文  成人期のADHDとASDを対象としたコーチング -Computer Mediated Communicationに関する質的検討-  57,259-267頁 (共著) 
5. 2020 論文  発達障害者への心理社会的アプローチの予備的検討―SSTとコーチングを実施した7事例の記録から―   (共著) 
全件表示(15件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2020/10 「大学生を中心とした成人期発達障害者へのコーチング」((自主シンポジウム)日本LD学会第29回大会)
2. 2020/09 「ADHDの大学生へのコーチング―単一事例研究」(特殊教育学会第58回大会)
3. 2017/10 「成人期のADHDに対する支援の発展に向けて―成人期ADHDを対象としたコーチングの効果」(日本LD学会第26回年次大会受賞者講演)
4. 2017/09 「自閉症スペクトラム障害のある児童とそのきょうだい関係―行動問題と知的障害の有無の影響―」(日本特殊教育学会第55回年次大会学会賞受賞者講演)
5. 2015/08 「Comparing coaching and bibliotherapy for the adults with ADHD」(The 8th Congress of the Asian Society for Children & Adolescent Psychiatry and Applied Professionals,)
全件表示(8件)
■ 受賞
1. 2016 日本LD学会 研究奨励賞
2. 2016 日本特殊教育学会 研究奨励賞
■ 科研費研究者番号
00872003