photo
    (最終更新日:2020-12-24 18:14:24)
  スガワラ サエコ   Saeko Sugawara
  菅原 沙恵子
   所属   十文字学園女子大学  人間生活学部 健康栄養学科
   職種   助教
■ 現在の専門分野
食生活 (キーワード:食生活学、食品学) 
■ 学歴・学位
1. 2015/04~2018/03 東北大学大学院 農学研究科 生物産業創成科学専攻 博士課程後期修了 博士(農学)
2. 2013/04~2015/03 東北大学大学院 生命科学研究科 分子生命科学専攻 博士課程前期修了 修士(生命科学)
3. 2009/04~2013/03 仙台白百合女子大学 人間学部 健康栄養学科管理栄養専攻 卒業 学士
■ 職歴
1. 2020/11~ 十文字学園女子大学 人間生活学部 健康栄養学科 助教
2. 2020/10~2020/10 十文字学園女子大学 人間生活学部 健康栄養学科 臨時職員
3. 2018/04~2020/09 鎌倉女子大学 家政学部 管理栄養学科 助教
4. 2015/04~2018/03 仙台青葉学院短期大学 栄養学科 助手
■ 研究業績(著書・論文)
1. 2019/02 論文  Effects of the 1975 Japanese diet on the gut microbiota in younger adults The Jornal of Nutritional Biochemistry 64:121-127.  (共著) 
2. 2019/02 論文  Influence of Japanese diet consumption during pregnancy and lactation on lipid metabolism in offspring Nutrition 58:69-76.  (共著) 
3. 2019/01 論文  Effects of Japanese diet in combination with exercise on visceral fat accumulation Nutrition 57:173-182  (共著) 
4. 2018/05 論文  he 1975 type Japanese diet improves lipid metabolic parameters in younger adults: A randomized controlled trial Journal of Oleo Science 67(5):599-607  (共著) 
5. 2018/04 論文  The 1975 Japanese diet has a stress reduction effect in mice: search for physiological effects using metabolome analysis Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 82(4):709-715  (共著) 
全件表示(10件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2020 インスリン抵抗性特異的な血中分泌型miRNAの網羅的同定と標的遺伝子予測による、糖尿病と合併症の新たな診断マーカーの探索(日本栄養・食糧学会)
2. 2019/07 インドシアニングリーンのNIRFを活用した、肥満モデルゼブラフィッシュの動脈硬化巣の高精細なリアルタイムイメージング(日本動脈硬化学会 総会・学術集会)
3. 2018/10 肥満ゼブラフィッシュを用いたインドシアニングリーンによる動脈硬化巣の非侵襲的で高精細なリアルタイムイメージング(日本糖尿病合併症学会)
4. 2017/10 伝統的日本食摂取が軽度肥満者に与える影響(日本肥満学会)
5. 2017/09 The effect of fatty acid quality and quantity in the Japanese diet on the suppression of lipid accumulation.(The Asian Conference on Oleo Science (ACOS) 2017)
全件表示(11件)
■ 地域連携・社会貢献
1. 研究
2. 活動
3. 学外の委員・講師等