photo
    (最終更新日:2021-04-06 14:17:20)
  イナダ トモアキ
  稲田 朋晃
   所属   十文字学園女子大学  教育人文学部 文芸文化学科
   十文字学園女子大学  機関 国際交流センター
   十文字学園女子大学  機関 留学生別科
   職種   講師
■ 現在の専門分野
日本語教育 (キーワード:日本語教育、専門日本語教育、医療語彙、音声学、聴解) 
■ 学歴・学位
1. 2014/03/25
(学位取得)
博士(学術)
2. 2006/04~2012/03 名古屋大学大学院 国際言語文化研究科(博士後期課程) 単位取得満期退学
3. 2004/04~2006/03 名古屋大学大学院 国際言語文化研究科(博士前期課程) 修了
4. 1994/04~1998/03 早稲田大学 第一文学部 卒業
■ 職歴
1. 2021/04~ 十文字学園女子大学 教育人文学部 文芸文化学科 専任講師
2. 2020/04~ 十文字学園女子大学 機関 留学生別科 専任講師
3. 2020/04~ 十文字学園女子大学 機関 国際交流センター 専任講師
4. 2017/01~2020/03 国際医療福祉大学 医学部 専任講師
5. 2012/04~2016/12 国際交流基金日本語試験センター 研究員
全件表示(9件)
■ 研究業績(著書・論文)
1. 2020/08 論文  医学用語の収集と分類 日本語教育 176,33-47頁 (共著) 
2. 2020/04 論文  日本語教育で扱うべき語の選定のための医学用語と一般語のはざまの語彙の分析 日本語教育 175,80-87頁 (共著) 
3. 2019/12 論文  医学部留学生を対象とした医学日本語授業の実践 ―医学教員との連携による日本語教育の取り組み― 専門日本語教育研究 (21),61-68頁 (共著) 
4. 2019/12 論文  動詞に見る医学用語の特徴 ―BCCWJとの比較から見えること― 専門日本語教育研究 (21),69-76頁 (共著) 
5. 2019/07 論文  医学部留学生に観察された日本語コミュニケーションの問題点 医学教育 50(Suppl.),177-177頁 (共著) 
全件表示(18件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2021/02/13 留学生と日本人学生がオンライン・イベントの協働企画で得た学びとは何か -「防災クリスマス」の実践を通して-(未来志向の日本語教育2.0)
2. 2020/01/11 How do International Students Learn Japanese Medical Vocabulary in Medical School?(Asia Pacific Medical Education Conference 2020)
3. 2019/12/14 医学部外国人留学生の医療コミュニケーションにおける日本語の問題点(第4回国際臨床医学会学術集会)
4. 2019/08/27 学習のしやすさを考慮した医療漢字の分類 (医師国家試験に現れた漢字を対象に)(日本リメディアル教育学会第15回全国大会)
5. 2019/07/27 医学部留学生に観察された日本語コミュニケーションの問題点(第51回日本医学教育学会)
全件表示(19件)
■ 社会における活動
1. 2016/09~2017/03 日本語ボランティア指導員(東京都小平市)
2. 2002/04~2006/03 日本語ボランティア指導員(三重県四日市市)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~2021/03  日本で医師を目指す外国人留学生の医学日本語能力の獲得に関する研究 科学研究費 基盤研究(C) 
2. 2018/04~2021/03  日本国内で医師を目指す外国人を対象とした医学語彙教材開発のための総合的研究 科学研究費 基盤研究(B) 
■ 地域連携・社会貢献
1. 研究
2. 活動
3. 学外の委員・講師等